雑記惑星あんのん

メインはSFと歴史とドラマ。気まぐれな雑記ブログです。

雑記惑星あんのん

【ノーサイド・ゲーム】第7話の感想(名言&セリフ付き)

f:id:sakura_9_go:20200505013857j:plain

 

【ノーサイド・ゲーム】第7話では、

アストロズの主力選手たちが、

サイクロンズからの引き抜きに遭いました。

 

サイクロンズはそこまでしなくても普通に勝てそうですが、

津田監督は「勝負に絶対はない」と考えています。

 

でも、ただでさえ選手層の薄いアストロズから選手が移籍してしまうと、

優勝争いからは大きく遅れを取ってしまいますね。

 

この大ピンチを君嶋はどうしのぐのでしょうか。

 

www.tbs.co.jp

 

 

 

【あらすじ】濱畑がアストロズから移籍する?

 

アストロズに若い七尾(眞栄田郷敦)の加入したことで、

濱畑(廣瀬俊朗)は危機感を募らせていたのですが、

そんな彼にサイクロンズからの誘いがありました。

 

それはアストロズの戦力低下を狙った、

サイクロンズ監督・津田(渡辺裕之)の策でした。

 

七尾はプレーに集中するため、

本社勤務ではなく府中工場に異動してきました。

 

君嶋(大泉洋)はトキワ研究所勤務の星野(入江甚儀)から、

カザマ商事のバンカーオイルが、

タンカー事故の原因ではないかと聞きます。

 

しかし調査したオイルは比較のためのサンプルだったため、

カザマ商事が原因だったと断定はできませんでした。

 

君嶋が帰ろうとした時、

星野は友人の藤島(阿部純子)が、

とあるホテルで濱畑と津田が会っているのを見たと言います。

 

君嶋は選手の引き抜きを心配し、

濱畑をチームに引き留めるために、良い条件を出そうと考えますが

これ以上給与を上げるのは困難でした。

 

そんな苦しい台所事情を説明しながら、

君嶋は濱畑にチームに残って欲しいと頼みます。

 

しかし濱畑は「アストロズで日本代表になる」といって、

津田の誘いをキッパリ断ったと言いました。

 

ひと安心する君嶋でしたが、

サイクロンズのGM・鍵原(松尾諭)と会った時、

「オファーは成功した」という意味深な言葉を聞いてしまいます。

 

濱畑には断られたサイクロンズでしたが、

里村の引き抜きには成功していたのでした。

 

 

【感想】選手の引き抜きも大事な戦略のひとつ

 

池井戸作品はよく定番時代劇に例えられるんですが、

今回は戦国モノみたいな話でした。

 

私がよくプレイする「信長の野望」でも、

敵将の引き抜きというコマンドがありますが、

宿敵を戦力ダウンさせる方法としては、

最も効果的な策なんですよ。

 

だからアストロズに脅威を感じて、

引き抜きを図った津田監督の気持ちがわかります。

 

また一流アスリートなら、

「より良い環境で活躍して結果を出したい」と、

普通に考えるのではないでしょうか。

 

とはいえ、選手層の薄いアストロズにとっては、

里村が抜けてしまうことは大きな損失なので、

「はい、そうですか」と手放しで賛成できなかったんです。

 

これが一昔前のドラマなら殴り合いの大喧嘩になったでしょうが、

現代のドラマでそういう描写はご法度ですし、

何よりこのドラマのコンセプトは「ノーサイド」です。

 

だから里村との別れは感動的なものになりました。

岸和田のセリフもすごく良かったですね。

 

かつての弱小アストロズのキャプテンだったら、

里村に「頼むから行かないでくれ」と懇願したかも知れませんが、

「平気だ」と言い切れるほどチームは強くなったんですよ。

 

もちろん、岸和田自身も成長しましたし。

 

里村が去った本当の理由が、

自分の野心だけではないというのも驚きました。

 

里村はチームメイトの佐々が、

アストロズの主力となると確信しましたし、

さらに七尾の加入でチームが活気づいたので、

安心して新たなステージに行けると思ったんです。

 

里村は強くなったアストロズと練習試合ではなく、

プラチナリーグの大舞台で勝負したいのではないでしょうか。

 

今回も涙腺崩壊の物語でしたが、

視聴者をこんなに泣かせるとは、本当に困ったものです。

 

「裏切り者」がいい人だったというのも、

今までの池井戸作品とは一味違って最高でした。

 

【セリフ】アストロズはどこまでも家族だった

 

移籍する里村と君嶋たちのやり取りが素晴らしかったので、

全文を掲載してみました。

 


 

岸和田「逃げようたって甘いんだよ。お前の考えはお見通しだ」

 

里村「・・・」

 

君嶋「里村、好き勝手やって、

タダで出ていけると思っていたのか?

長年ともに戦ってきた選手たちの気持ちってものがあるんだ。

罵声のひとつも浴びて行け。

それくらいの覚悟はできてるんだろう?」

 

里村「・・・」

 

岸和田「里村!お前よくも俺たちを袖にしてくれたな。

出て行ったこと、必ず後悔させてやるから。覚えてろよ。

俺たちはサイクロンズをボッコボコにぶっ潰して優勝する。

そうだな、みんな!」

 

アストロズ一同「はい!」

 

岸和田「お前は自分がいないと、

俺たちが勝てないと思ってるかも知れないが、

俺たちは平気だ。

だから、お前がどこに行こうが勝手にやるがいい。

ただし、だらしないプレーをして、

アストロズの名を汚すことだけは、絶対に許さない!

最後に俺たちからお前に選別がある。

GM、お願いします」

 

君嶋「私はアストロズを勝たせるのが仕事だ。

だから、チームが不利になるようなことはできない。

だが、本当にこれでいいのか・・・私も悩んだ。

それで-」

 

(回想シーン始まり)

 

君嶋「ここまで一緒に戦ってきた仲間と、このまま訣別していいんだろうか?

チーム全体で一緒に考えたいんだ」

 

濱畑「俺もそう思ってました」

 

濱畑「(チーム一同を集めた場で)

実は・・・

俺も前に、サイクロンズに誘われたんや。

俺は里村の気持ちもわかる。

あいつは今が全盛期や。

ラグビー選手として、自分がどこまでやれるんか試したい。

もっともっと上のステージで戦いたい。

そういう思いはあるやろう。

お前らはどうや?今より環境も待遇も良くて、

強いチームから誘われたら、どうする?

それは俺も悔しい。

アストロズを選んでほしかった。

けどな、ここまで一緒に戦ってきた仲間が、

今度は世界で戦おうとしてるんや。

それは俺らアストロズの誇りやないか。

俺ら家族の誇りやないか。

あいつからラグビーを奪って、

ほんまに俺らはそれでええんか?

お前らは、ほんまは俺と同じこと、

考えてたんとちゃうんか?どうなんや?」

 

(佐々らが濱畑の意見に賛成する)

 

岸和田「GM、同じラグビー選手として、

あいつがこれから1年間も試合に出られないのは残酷すぎます。

あいつにとっても、日本のラグビー界にとっても、

マイナスだと思うんです。

それに俺はただ勝つだけじゃなく、

里村がいるサイクロンズに勝って優勝したい!そう思っています」

 

濱畑「GM、これが俺たちの考えです」

 

君嶋「君たちは人が良すぎる。勝つための戦略として間違ってる。

だが・・・私も賛成だ。これがアストロズの戦い方だな!」

 

(回想シーン終わり)

 

君嶋「これはわれわれの決意表明であり、君への挑戦状でもある」

君嶋「移籍承諾書だ」

 

里村「いいんですか?」

 

君嶋「みんなで話し合って、こうすることに決めた。持ってけ!

里村、サイクロンズでの健闘を祈る!」

 

【主題歌】馬と鹿(米津玄師)

 


米津玄師 MV「馬と鹿」Uma to Shika

 

歪んで傷だらけの春

麻酔も打たずに歩いた

体の奥底で響く

生き足りないと強く

 

まだ味わうさ 噛み終えたガムの味

冷めきれないままの心で

ひとつひとつ残した果てに

ようやく残ったもの

 

これが愛じゃなければ なんと呼ぶのか

僕は知らなかった

呼べよ 花の名前をただひとつだけ

張り裂けるくらいに

 

鼻先が触れる 呼吸が止まる

痛みは消えないままでいい

 

疲れたその目で 何を言う

傷跡隠して歩いた

そのくせ影をばら撒いた

気づいて欲しかった

 

まだ歩けるか 噛み締めた砂の味

夜露で濡れた芝生の上

はやる胸に 尋ねる言葉

終わるにはまだ早いだろう

 

誰も悲しまぬように微笑むことが

上手くできなかった

一つただ一つでいい 守れるだけで

それでよかったのに

 

あまりにくだらない 願いが消えない

誰にも奪えぬ魂

 

何に例えよう 君と僕を 踵に残る似た傷を

 

晴れ間を結えばまだ続く

行こう 花も咲かないうちに

 

これが愛じゃなければ なんと呼ぶのか

僕は知らなかった

呼べよ 恐れるままに花の名前を

君じゃなきゃ駄目だと

 

鼻先が触れる 呼吸が止まる

痛みは消えないままでいい

 

あまりにくだらない 願いが消えない

止まない

 

歌詞掲載について