雑記惑星あんのん

メインはSFと歴史とドラマ。気まぐれな雑記ブログです。

雑記惑星あんのん

【ノーサイド・ゲーム】第6話の感想(名言&セリフ付き)

f:id:sakura_9_go:20200505013857j:plain

 

【ノーサイド・ゲーム】第6話では、

サイクロンズに負けたアストロズの予算がどうにか通り、

廃部の危機を免れることができました。

 

しかしそれは、アストロズの生みの親である、

島本社長の助け舟によるものでした。

 

アストロズにはまだまだ課題があり、

君嶋はGMとして奮闘しなければならないのですが、

まさかの本社復帰の話が持ち上がります。

 

君島はいったいどんな決断をするのでしょうか。

 

www.tbs.co.jp

 

 

 

【あらすじ】本社復帰のチャンスが来た君嶋だが・・・

 

アストロズはプラチナリーグを2位という好成績で、

今シーズンを終えました。

 

選手たちの労をねぎらう君嶋(大泉洋)でしたが、

優勝できなかったことには悔いが残りました。

 

取締役会では、善戦したことを報告するものの、

滝川(上川隆也)から予算案にNGを出されてしまいます。

 

しかし島本(西郷輝彦)の進退をかけた言葉で、

アストロズの予算は承認されたのです。

 

君嶋は廃部を免れたことを選手たちに伝えます。

ひと安心してはみたものの、

島本の言葉がなければ予算は通らなかったので、

君嶋は複雑な気分になるのでした。

 

滝川がカザマ商事の買収を着々と進める中、

君嶋は元上司の脇坂(石川禅)に呼び出されました。

 

脇坂は滝川がトキワ自動車の社内で力を持つことを恐れており、

君嶋に本社で一緒に戦ってほしいと思っていたのです。

 

その返答は1カ月以内でした。

 

アストロズは観客動員数が増えたものの、

プラチナリーグを運営する日本蹴球協会が変わらなければ、

黒字転換することは不可能です。

 

柴門(大谷亮平)は日本蹴球協会は典型的な縦社会で、

会長の富永(橋幸夫)がトップダウンで仕切っているため、

組織を変えるのは難しいと言いました。

 

しかし君嶋は本社に復帰するために、

GMとして最後の仕事をしようとしていました。

 

それは今後のアストロズの運営方針に、

確かな道筋をつけることでした。

 

GM会議に出た君嶋は、プラチナリーグの興行に対して、

思い切った改革を提案します。

 

しかしサイクロンズのGM・鍵原(松尾諭)や、

専務理事の木戸(尾藤イサオ)が反対し、

意見は却下されてしまうのでした。

 

 

【感想】純粋な人こそ世の中に必要だ

 

このドラマのコンセプトは、

『負けたままでは終われない。何度でも挑戦する』ということなんですね。

 

ラグビーというスポーツは、

何度タックルされて倒れても、起き上がって挑んでゆくスポーツですが、

その姿勢が諦めずに人生を戦うことに通じているんです。

 

君嶋が蹴球協会の専務理事に対して、

『あなたたちが変わるまで、私は何度でもぶつかります』と言いましたが、

これはもう、ラグビーのタックルじゃないですか。

 

君嶋はラグビーに関してはまったくの素人ですし、

しかも大学時代の柴門に嫉妬していたので、ラグビーが苦手になったんですが、

今じゃまったくそんなことはありません。

 

本当にラグビーが嫌いだったら、脇坂の誘いに即座に応じて、

すぐさま本社に戻っていますよ。

 

君嶋はひねた性格なので、

素直に「ラグビーが好きだ」と言えないんです。

 

でも中途半端にアストロズのことを投げ出してしまっては、

あとあとまで後悔が残るでしょうし、

府中工場サイドから責任も問われるでしょう。

 

脇坂は同期の滝川に先を越されるのが嫌で、

有能な君嶋を呼び戻したかったんですが、

意外と自己中な性格なんですね。

 

理想の上司というのは、

部下がどこで活躍しても温かく見守り、

声援を送ってくれるものですから。

 

あと、ついに七尾がアストロズに加入しました。

 

世界の強豪・オールブラックスに在籍していた人なので、

ドロップキックを3本決めるなど、なかなかのチート振りでした。

 

ところがサイクロンズは七尾ではなく、濱畑を引き抜くみたいです。

 

もし私が津田監督の立場だったら、

高齢の濱畑ではなく、若い七尾のほうを引き抜きますが・・・

 

とはいえ、アストロズの精神的支柱である濱畑を引き抜くことで、

サイクロンズは敵のメンタルダメージを狙っている可能性がありますね。

 

ラグビーで戦う男たちは強いですが、

女性陣も負けてはいません。

 

君嶋の妻・真希はしたたかな鬼嫁ですが、

居酒屋「多むら」の女将さんも強烈な人です。

 

アストロズの選手に対して「馬鹿」を連呼したので、

ハラスメントにならないかと心配しましたよ。

 

でも、彼女のセリフを聞いて、

米津玄師さんが歌う主題歌の意味がわかりました。

 

このドラマの中で戦う男たちは、良い意味での「馬鹿」なんです。

 

君嶋は頭がいいくせに、

根回しなしで蹴球協会の改革に乗り出しますし、

柴門やアストロズのメンバーは、文字通りラグビー「馬鹿」です。

 

普段は温厚そうな島本社長も、

サイクロンズに対して並々ならぬ闘志を燃やしていますよね。

 

彼らの「馬鹿」というのは、

世間一般でいわれる否定的な「馬鹿」ではなく、

「純粋」いう褒め言葉に置き換えることができます。

 

こういう希少価値で熱い人間は、

この世知辛い世の中に、いちばん必要ではないかと思いました。

 

【セリフ】君嶋の負けたままでは終われないに感動!

 

君嶋隼人(大泉洋)

 

廃部?

何言ってるんだ。

みんな、開幕前いったいどれだけの人が、

この結果を予想できただろう。

「どうせアストロズは最下位だ」

「リーグ脱落だ」って。

みんなそう思ってたはずだ。

しかしわれわれは、

あのサイクロンズと堂々と優勝争いをしてみせた。

廃部になんかできるわけがない。

そんな心配は無用だ。

 

簡単ですよ。

今ここで決めて行けばいいんです。

そのための会議じゃないですか。

 

客が集まらなければ、利益だって上がらない。

子供だってわかることだ。

それをこれだけの大人が集まって、

「このままでいい」だはないでしょう?

変えて行きませんか?

 

私は勝てなかったんです。

このまま本社に戻ったとしても、

仕事を果たせなかったという事実は、 私にずっと付きまといます。

もしも次にまた、

会社の命運を左右するような大きな決断を迫られたとしても、

今の私ではきっと、迷いが出る。

それではダメなんです。

負けたままでは終われないんです。

もう1年戦わせてください。

私はアストロズとともに戦い、 勝った上で本社に戻ります。

 

私はラグビーの素人です。

権威に逆らって、この世界から追放されたとしても、

痛くもかゆくもない。

そもそも私はラグビー自体、好きではないんでね。

でも、あなたたちはラグビーを愛しているんじゃないんですか?

ラグビーの発展こそが使命じゃないんですか?

だったら、いちばん大事にしなければならないのは、

ラグビーを愛するファンであり、

これからラグビーを愛するファンを育てることじゃないんですか?

そこに目をつぶり、伝統という名の古びた化石ばかり大事にして、

何の発展があるっていうんですか。

提案書は何度でも出させていただきます。

金儲けじゃないなんてのは、ただの言い逃れだ。

あなたたちの狭い世界では通用しても、

われわれサラリーマンの世界には通用しない。

覚悟しておいてください。

あなたたちが変わるまで、私は何度でもぶつかります。

 

このチームでもう一度挑戦するぞ。

どれだけ負けようが構わん。

最後に勝てば、勝ちだ!

 

君嶋真希(松たか子)

 

いいも悪いも、自分で言ったんじゃない。

負けたままじゃ戻れないんでしょ?

なら、しょうがないんじゃないの。

それじゃあ、これからも自転車通勤がんばって。

あと、それから・・・

やるからには勝ちなさいよ。

 

柴門琢磨(大谷亮平)

 

勝利まであと数センチだった。

けど、その数センチの差を埋めるには、

壮絶なチームの努力が必要になる。

再挑戦だ。

 

岸和田徹(高橋光臣)

 

(多むらの女将にハッパをかけられて)

よし、今日は馬鹿らしく思いっきり飲むぞ。

明日からまた一から出直しだ。

 

グラウンドだけが俺たちの戦場じゃない・・・ですよね。

自分たちにできることはとことんやりたいんです。

それに俺たちはまだ、グラウンドでもGMとの約束を果たせていませんし。

最初に言ったじゃないですか。

「われわれが目指すのは、プラチナリーグ優勝!

そしてわれらが新GMに勝利を届けるぞ!」

俺もみんなも2位じゃぜんぜん満足できないんです。

俺たちはグラウンドの中でも外でも、結果を出してみせます。

引き続き、ご指導お願いします。

 

本波寛人(天野義久)

 

やっぱり、あのメンバーで勝ちたかった。

優勝したかった。

諦めが悪かっただけです。

 

七尾圭太(眞栄田郷敦)

 

でも、これ練習ですよね。

そんなに勝ちたいんですか?

もっと楽しめばいいじゃないですか。

 

島本博(西郷輝彦)

 

君たちは今シーズンの活躍を見ないで、

プラチナリーグを降りるつもりか。

日本モータースなんかに負けたまま終わるつもりかね?

サイクロンズを倒して優勝だ!

 

多むらの女将(凰稀かなめ)

 

ちょっと、あんたたち!

いつまでウジウジ、ウジウジしてんのよ!

あんたたち馬鹿なんだから、 考えたって仕方ないでしょ!

馬鹿は馬鹿らしく、全部忘れて また明日からがんばんなさい!

もう、馬鹿みたいに!

 

ほら、徹!

馬鹿みたいに乾杯しなさい!

 

脇坂賢治(石川禅)

 

(君嶋に対して)

お前は誰より柔軟なくせに、誰より頑固だ。

 

滝川桂一郎(上川隆也)

 

なあ、君嶋。

確かに君たちラグビー部は、 プラチナリーグで第2位になった。

その努力と結果は認めよう。

だが、それだけで、 満足してしまっているのではないのか?

根本的な問題は何も解決していない。

そのことは君も重々わかっているはずだ。

わかっていて、何もできないというのなら、

君がラグビー部のGMである意味がないんじゃないのか?

君嶋、君にとってGMとは何なんだ?

 

【主題歌】馬と鹿(米津玄師)

 


米津玄師 MV「馬と鹿」Uma to Shika

 

歪んで傷だらけの春

麻酔も打たずに歩いた

体の奥底で響く

生き足りないと強く

 

まだ味わうさ 噛み終えたガムの味

冷めきれないままの心で

ひとつひとつ残した果てに

ようやく残ったもの

 

これが愛じゃなければ なんと呼ぶのか

僕は知らなかった

呼べよ 花の名前をただひとつだけ

張り裂けるくらいに

 

鼻先が触れる 呼吸が止まる

痛みは消えないままでいい

 

疲れたその目で 何を言う

傷跡隠して歩いた

そのくせ影をばら撒いた

気づいて欲しかった

 

まだ歩けるか 噛み締めた砂の味

夜露で濡れた芝生の上

はやる胸に 尋ねる言葉

終わるにはまだ早いだろう

 

誰も悲しまぬように微笑むことが

上手くできなかった

一つただ一つでいい 守れるだけで

それでよかったのに

 

あまりにくだらない 願いが消えない

誰にも奪えぬ魂

 

何に例えよう 君と僕を 踵に残る似た傷を

 

晴れ間を結えばまだ続く

行こう 花も咲かないうちに

 

これが愛じゃなければ なんと呼ぶのか

僕は知らなかった

呼べよ 恐れるままに花の名前を

君じゃなきゃ駄目だと

 

鼻先が触れる 呼吸が止まる

痛みは消えないままでいい

 

あまりにくだらない 願いが消えない

止まない

 

歌詞掲載について