雑記惑星あんのん

メインはSFと歴史とドラマ。気まぐれな雑記ブログです。

雑記惑星あんのん

【ノーサイド・ゲーム】第4話の感想(名言&セリフ付き)

f:id:sakura_9_go:20200505013857j:plain

 

【ノーサイド・ゲーム】第4話では、

アストロズの快進撃がはじまりました。

 

新監督・柴門琢磨の采配も絶妙なんですが、

選手たちのチームワークが抜群にいいんでしょうね。

 

しかし思わぬところに落とし穴が潜んでいました。

 

仕事とスポーツの両立は本当に難しいと思いますが、

佐々は大丈夫なんでしょうか・・・

 

www.tbs.co.jp

 

 

 

【あらすじ】順調に勝ち進むアストロズだったが・・・

 

プラチナリーグが開幕しました。

 

アストロズは柴門(大谷亮平)による合宿の成果を発揮して、

初戦のタイタンズ戦をみごと勝ち星で飾ったのです。

 

君嶋(大泉洋)は1万人以上の観客を集めましたが、

その中には息子・博人(市川右近)と、その友達の姿もありました。

 

試合を見た彼らは、選手たちから直接ラグビーを教わりたいと思います。

 

アストロズの開幕戦はホームゲームだったので、

スタジアムに多くのファンが入りましたが、

2戦目はアウェーの大阪だったため、観客数は5千人でした。

 

しかしアストロズは難なく勝利を収めました。

 

3戦目も勝ち、順調な滑り出しのアストロズ。

君嶋はさらなる集客のために、メディアを活用することを思いつきます。

 

チームアナリストの佐倉(笹本玲奈)は、

次のファイターズ戦に備えて、相手チームの分析をはじめました。

 

そんななか、営業部で代わりに電話に出た佐々(林家たま平)が、

取引先の担当者・青野(濱津隆之)との打ち合わせ時間を間違えて伝えてしまい、

青野を怒らせてしまうというトラブルが起こりました。

 

佐々は青野がラグビー好きだと知り、

謝罪のために里村(佳久創)のサインボールを持参しましたが、

青野はサイクロンズのファンだったのです。

 

その数日後、府中工場はゴルフカートの発注を断られてしまいます。

 

佐々が原因なのかはわかりませんが、

彼はチームメイトや工場の人々から、

冷たい目で見られるようになってしまいました。

 

その頃、アストロズの選手層の薄さが気になった君嶋は、

七尾圭太(眞栄田郷敦)と会い、ラグビー枠でトキワ自動車に来ないかと誘いました。

 

しかし七尾は、日本ではラグビーで食べていくことはできないため、

普通の会社員として入社したいと難色を示しました。

 

ビジネス雑誌にアストロズを紹介してもらう話も、

サイクロンズの鍵原GM(松尾諭)が、所属会社にスポンサー契約させたことで、

ほとんどサイクロンズの記事になっていました。

 

滝川(上川隆也)が進めているカザマ商事買収計画は、

島本社長(西郷輝彦)が承認を出し、

いよいよ最終段階に入ろうとしていたのです。

 

滝川が社内で大きな力を持つことは、

ラグビー部の存続が危ぶまれることでした。

 

 

【感想】いい裏方がいる組織は成功する

 

大業を成し遂げる組織には必ず有能な裏方がいますが、

佐々と佐倉の2人は、まさにそんな人材です。

 

佐々は以前に部品管理のミスを押し付けられたことがありましたが、

今回は完全にミスってしまいました。

 

でも営業部の人が、自分で電話を受けなかったのがいけないんですよ。

 

連絡というのは担当者がきちんと受けるべきですし、

しっかりメモを取るのは常識です。

 

佐々にとっては畑違いの部署なので、

慣れない電話対応に戸惑ったのは仕方ないですよね。

 

また佐々は空気を読むのが苦手なのか、

サイクロンズファンの青野に、

里村のサインボールを渡してしまいましたが、

意外にも結果オーライだったのでビックリしました。

 

怪我の功名とはまさにこのことで、

青野はアストロズの試合を見に来ましたから。

 

佐々は今回の出来事がキッカケで、

今後は大きく成長するのではないでしょうか。

 

佐倉は往年の選手のお嬢さんだったんですね。

 

彼女の父親は黄金時代のアストロズのキャプテンで、

若くして亡くなってしまった人物でした。

 

わたくし事で恐縮ですが、

東日本大震災のあった2011年の10月に、父を肺炎で亡くしました。

 

佐倉が父の思い出を語るシーンでは、

8年前のことを思い出してしまい、涙が止まりませんでした。

 

しかも佐倉の苗字はHNの「さくら」、

下の多英(たえ)は私の本名の読みと一緒なんですよ。

 

アストロズのアナリストの名前が私と共通しているなんて、

実に不思議な偶然です。

 

この第4話は神回だったので、泣けるシーンがたくさんありましたが、

佐倉がアナリストになった理由を語るシーンにいちばん感動しました。

 

『ラグビーでの友情は生涯での友情なんだ

どんな苦境でも決して色あせるものじゃないんだ』

 

この言葉を聞いて、

ラグビーというスポーツがますます好きになりましたよ。

 

また君嶋家のシーンも良かったです。

 

単なる鬼嫁かと思っていた真希が、やさしい人だとわかりましたし、

「羽生君にスケートを教わりたい」という冗談も面白かったです。

 

「ひとつひとつ」というセリフも最高でした。

 

何かを成し遂げるというのは、

カップラーメンやレトルトカレーをつくることとは違うので、

ひとつひとつ地道にやって行くしかないんですよ。

 

元メジャーリーガー・イチローの名言にも、

君嶋夫妻が言ったことと同じ言葉がありました。

 

夢を掴むことというのは一気には出来ません。

小さなことを積み重ねることで、

いつの日か信じられないような力を出せるようになっていきます。

 

地道な努力に即効性はありませんが、

諦めずに続けて行くことで大きな結果に結びつくんですね。

 

次回は宿敵サイクロンズとぶつかるようですが、

アストロズが常勝軍団に勝つところを見てみたいです。

 

【セリフ】君嶋と奥さんのセリフがリンクしてる!

 

君嶋隼人(大泉洋)

 

(会社を辞めようとした佐々に対して)

トキワ自動車が800億の買収の話をしている時に、

たかが2000円のチケットが売れたからって、

なんだと言われるかも知れない。

けど私は、それでも嬉しかったんだ。

上手く行かないことを会社や組織のせいにするのは簡単だ。

でも大事なことは、そこからいま自分たちに何ができるかなんだよな。

一つ一つなんだよ。チケット1枚1枚。

ワンプレイ。ワンプレイ。

それをひたむきに積み重ねることで、

きっと逆転の芽はあるはずだ。

仲間のためにタックルをして、パスをつないで、

チーム全員で結果を出そう。

その時はわれわれラグビー部が必要ないなんて、誰にも言わせない。

言わせてたまるか!

だからもう一度一緒にやろう。アストロズには君が必要だ。

 

君嶋真希(松たか子)

 

(愚痴る夫に対して)

じゃあ、辞めれば?

辞めてもいいのよ。家のことは心配しなくても。

私が働いて稼ぐから。おやすみ!

 

(違う塾に)行ったところで結果は同じよ。

博人はいま、ラグビーに夢中で勉強から逃げてるでしょ?

塾のせいじゃなくて、原因は自分にあるの。

今のままでもいくらでもやりようはあるから。

自分の苦手なところをちゃんと押さえて、

一つ一つやっていけばいいの。

ね、ほら、一つ一つ。

 

【主題歌】馬と鹿

 


米津玄師 MV「馬と鹿」Uma to Shika

 

歪んで傷だらけの春

麻酔も打たずに歩いた

体の奥底で響く

生き足りないと強く

 

まだ味わうさ 噛み終えたガムの味

冷めきれないままの心で

ひとつひとつ残した果てに

ようやく残ったもの

 

これが愛じゃなければ なんと呼ぶのか

僕は知らなかった

呼べよ 花の名前をただひとつだけ

張り裂けるくらいに

 

鼻先が触れる 呼吸が止まる

痛みは消えないままでいい

 

疲れたその目で 何を言う

傷跡隠して歩いた

そのくせ影をばら撒いた

気づいて欲しかった

 

まだ歩けるか 噛み締めた砂の味

夜露で濡れた芝生の上

はやる胸に 尋ねる言葉

終わるにはまだ早いだろう

 

誰も悲しまぬように微笑むことが

上手くできなかった

一つただ一つでいい 守れるだけで

それでよかったのに

 

あまりにくだらない 願いが消えない

誰にも奪えぬ魂

 

何に例えよう 君と僕を 踵に残る似た傷を

 

晴れ間を結えばまだ続く

行こう 花も咲かないうちに

 

これが愛じゃなければ なんと呼ぶのか

僕は知らなかった

呼べよ 恐れるままに花の名前を

君じゃなきゃ駄目だと

 

鼻先が触れる 呼吸が止まる

痛みは消えないままでいい

 

あまりにくだらない 願いが消えない

止まない

 

歌詞掲載について