雑記惑星あんのん

メインはSFと歴史とドラマ。気まぐれな雑記ブログです。

雑記惑星あんのん

【ノーサイド・ゲーム】第2話の感想(名言&セリフ付き)

f:id:sakura_9_go:20200505013857j:plain

 

【ノーサイド・ゲーム】第2話では、アストロズの新監督が決まりました。

 

ラグビーの名門・城南大学を3連覇に導いた柴門ですが、

彼はラグビー界の重鎮に睨まれたため、急に解任されてしまったのです。

 

柴門は君嶋のかつての恋敵でしたが、

久々に再会した2人は打ち解けて、強い友情で結ばれました。

 

www.tbs.co.jp

 

 

 

【あらすじ】君嶋のかつてのライバルがラグビー部の監督に

 

アストロズのGMとして、

チームを徹底的に支援する決意を固めた君嶋(大泉洋)でしたが、

監督人事には難航していました。

 

前GMの吉原(村田雄浩)が選んでいた候補の2人と面談するものの、

決定打に欠けていたのです。

 

君嶋は監督について、

企業でいうところの経営者だと考えていました。

 

その言葉を聞いた佐倉(笹本玲奈)と岸和田(高橋光臣)は、

「優勝経験のある監督が良い」と言いました。

 

しかし候補の2人は優勝経験がありませんでした。

 

君嶋のデスクの上にはスポーツ新聞がありましたが、

それには興味深い記事が載っていました。

 

城南大学監督の柴門琢磨(大谷亮平)が解任されたというのです。

 

柴門は城南大学を3連覇に導いた名将だったので、

岸和田たちは「柴門がいい」と目を輝かせました。

 

ところが、君嶋の表情は微妙でした。

 

柴門が君嶋の大学時代の同期で、

苦手な人物だったからです。

 

それでも監督を決めないわけには行かないので、

君嶋は柴門に電話をかけました。

 

 

【感想】君嶋と柴門とは好きな人が一緒だった

 

君嶋が散々に言っていたので、

柴門は生意気で嫌なヤツだと思っていましたが、

めっちゃいい男じゃないですか。

 

しかもこの2人、

「嫌い」「好きじゃなかった」とお互いに言っておりますが、

しっかり相手のことを見ていたんですね。

 

マイナスとマイナスを掛ければ、

プラスになるということでしょうか。

 

それに「1×15=100」というスピリッツが加わるんですから、

アストロズが強くなるのは間違いないですよ。

 

手紙でひとりひとりの選手にアドバイスを送るなんて、

柴門は「名将としての器」を持っていますよね。

 

とはいえ、奥さんになったシオリさんには、

結婚前に何度も振られていたというんですから、

恋愛はそんなに得意じゃなかったようです。

 

君嶋には鬼嫁の真希さんもいますし、

シオリさんのことはこれでスッキリしたんじゃないでしょうか。

 

きれいさっぱりノーサイドですね。

 

これからGMとしてしっかり頑張らないと、

真希さんから強烈なタックルを食らいますよ。

 

主人公が恐妻家というのは、

いままでの池井戸作品にはまったくなかったので、

新鮮でいいと思います。

 

また息子の博人くんとのやり取りにも癒されます。

 

博人くんは自分へのいじめはなくなったものの、

別の子がいじめられているのを知って、どうすればいいか悩んでいました。

 

しかしお父さんからから「1×15」のことを聞いて、

「勇気を出してぶつかってみる!」といいました。

 

博人くんはいじめっ子に正々堂々と勝負しに行くんですね。

勇敢な少年の検討を祈りましょう。

 

面白かったのは、父と子でノートに書いた言葉が違ったことです。

 

大学時代の君嶋は 「ラグビーなんか消えてなくなれ」と書きましたが、

博人くんは「1×15」をしっかりと書きました。

 

その対照的なところに笑ってしまいましたが、

このドラマは君嶋GMと博人くん、

2人の成長物語になっていると思います。

 

【セリフ】1×15の例えは面白い

 

君嶋隼人(大泉洋)

 

(柴門に対して)

ラグビーの何が面白いのか、未だにわからない。

だが、今の俺にはラグビー部しかないんだ。

選手たちもそうだ。

負けっぱなしの崖っぷちで廃部も囁かれるほどだ。

這い上がるためには勝つしかない。

俺たちにはアストロズしかないんだよ。

俺は彼らと戦うと決めたんだ。優勝すると決めたんだ。

 

あのな、博人。

タックルってのは、ただぶつかるだけじゃダメなんだよ。

大事なのは相手が持っているボールだ。

相手をボールごと一緒に捕まえる。

それが本当のタックルの目的なんだよ。

でも、怖いよな。

ボール持って走ってくるヤツに、わざわざぶつかりに行くなんて。

でも、仲間のために誰かが止めなきゃいけない。

それは本当に勇気がいることなんだよ。

パパの知り合いが言ってたんだけどさ、

ラグビーには15人の選手がいて、

そのひとりひとりがどう頑張るかで、

15が0にもなるし、100にもなる。

不思議だろ?1×15が100なんて。

そんなのテストで書いたら先生に怒られるよな。

でもさ、本当に100になったらスゴイと思わないか?

0になるか100になるかは、きっと自分次第なんだよ。

何度倒されたっていい。

最後にこのボールをつかめば博人の勝ちだ。

 

リスクを承知で飛び込まなきゃボールなんて奪えない。

1×15が100になるところが見たいんだ。

そのために俺は紫門琢磨に賭けたんだ。

 

柴門琢磨(大谷亮平)

 

(君嶋に対して)

15人の選手をどう活かすか。

控え選手も合わせれば、

攻撃パターンの組み合わせは何万通りもある。

それぞれの特性をうまく活かせば15が100になるし、

噛み合わなければ0になる。

それが戦略ってやつだ。

そこがラグビーの面白いところなんだよ。

それを考えるのが俺の仕事だ。

 

(選手たちに向かって)

今日から俺たちは家族だ。 優勝目指して勝つぞ!

 

【主題歌】馬と鹿(米津玄師)

 


米津玄師 MV「馬と鹿」Uma to Shika

 

歪んで傷だらけの春

麻酔も打たずに歩いた

体の奥底で響く

生き足りないと強く

 

まだ味わうさ 噛み終えたガムの味

冷めきれないままの心で

ひとつひとつ残した果てに

ようやく残ったもの

 

これが愛じゃなければ なんと呼ぶのか

僕は知らなかった

呼べよ 花の名前をただひとつだけ

張り裂けるくらいに

 

鼻先が触れる 呼吸が止まる

痛みは消えないままでいい

 

疲れたその目で 何を言う

傷跡隠して歩いた

そのくせ影をばら撒いた

気づいて欲しかった

 

まだ歩けるか 噛み締めた砂の味

夜露で濡れた芝生の上

はやる胸に 尋ねる言葉

終わるにはまだ早いだろう

 

誰も悲しまぬように微笑むことが

上手くできなかった

一つただ一つでいい 守れるだけで

それでよかったのに

 

あまりにくだらない 願いが消えない

誰にも奪えぬ魂

 

何に例えよう 君と僕を 踵に残る似た傷を

 

晴れ間を結えばまだ続く

行こう 花も咲かないうちに

 

これが愛じゃなければ なんと呼ぶのか

僕は知らなかった

呼べよ 恐れるままに花の名前を

君じゃなきゃ駄目だと

 

鼻先が触れる 呼吸が止まる

痛みは消えないままでいい

 

あまりにくだらない 願いが消えない

止まない

 

歌詞掲載について