雑記惑星あんのん

ネット宇宙の片隅にある不思議な雑記ブログ。

【M愛すべき人がいて】最終回。アユは孤独な星だから輝くのだろうか・・・

f:id:sakura_9_go:20200505013026j:plain

 

【M愛すべき人がいて】の最終回では、

恋人同士だったアユとマサが別れるまでの経緯が描かれました。

 

www.tv-asahi.co.jp

 

マサはアユを不動のスターにするために、

苦渋の決断を下したのですが、

想いあっている2人が離れ離れになるのは、

見ていて辛かったです。

 

abema.tv

 

 

 

【あらすじ】アユとマサは忙しすぎてすれ違う

 

アユ(安斉かれん)との同棲が発覚してしまったマサ(三浦翔平)は、

社長の大浜(高嶋政伸)に呼び出され、解雇すると告げられます。

 

A VICTORYの商品である歌手と、

プロデューサーとの恋はご法度だったからでした。

 

しかし大浜はマサを嫌ってはいるものの、

その実力は高く評価していたので、

解雇の代わりに3つの新しい仕事を任せました。

 

それは「巨大フェス開発」「映画事業への参入」「新人の発掘」でした。

 

マサはアユのことを会社全体で守れるならと、

進んで仕事を引き受けましたが、

アユは一緒に仕事ができなくなると不安になりました。

 

マサは2人が一心同体であることをアユに告げ、

これまで教えた知識を生かして働けばいいと言いました。

 

アユは「チーム・アユ」の一員となった流川(白濱亜嵐)と協力して、

次々にヒット曲を飛ばして行きます。

 

一方のマサは仕事の接待で朝帰りすることが多くなり、

アユとの久々のデートもできない状態でした。

 

アユは浴びるように酒を飲んでくるマサを気遣いつつも、

一緒にいられない寂しさから苛立ってしまいました。

 

そんななか、礼香(田中みな実)がマサに、

「アユはマサがいないほうがいい歌を作るのでは?」といいます。

 

それを聞いたマサは自分の迷いを断ち切るために、

大手プロダクション社長の中谷(高橋克典)に会うのでした。

 

登場人物(相関図)はこちら

 

www.tv-asahi.co.jp

 

【感想】やはり最後まで大映ドラマ風だった

 

アユがスターになったのは素晴らしいんですが、

2人の恋愛に関してはバッドエンドですよね・・・

 

公私ともによきパートナーだった2人なんですから、

夫が妻をプロデュースするという形でも良かったと思います。

 

まあ、でもそれは、

このドラマの中だけのお話でして、

実際の浜崎さんと松浦さんの場合は、

諸事情あって難しかったんでしょうね。

 

アユが最後にマサに送った曲は「M」でしたが、

私はこの曲を初めて聞いた時、

失恋した女性が聖母マリアに救いを求めている歌だと思いました。

 

www.youtube.com

 

でも「M」の本当の意味は聖母マリアではなく、

アユの愛したマサのことだったんですよ。

 

2人が別れを決めた直後の歌なので、

歌詞もメロディもすごく切ないんですが、

何度も聞きたくなる名曲ですよね。

 

ちなみに「M」は2000年の12月13日にリリースされ、

20世紀最後と21世紀最初のオリコン1位を飾る大ヒットとなりました。

 

アユの歌は文句なしに素晴らしかったんですが、

【M】の最終回は駆け足で終わってしまって残念です。

 

悪役がみんな改心していましたし、

礼香の目が手術で治っていたというオチも衝撃でした。

 

そういえば昭和に大流行した大映ドラマの多くも、

最終回ではベタな大団円でまとまっていたので、

【M】もそれにならったのかも知れませんね。

 

でも、マサが社長になった経緯は、

「お家騒動」といわれるほどたいへんなもので、

穏便な交代劇ではなかったんですよ。

 

AbemaTVではスピンオフの「L礼香の真実」が流されていますが、

月額980円の有料プランでないと見れないので、

私はスルーすることにします。

 

礼香のキャラ自体は面白いし、嫌いではないんですけどね。

 

最近のドラマは「続きは〇〇で!」というパターンが多いんですが、

商売っ気が見え見えなのでやめていただきたいものです。

 

【挿入歌】SEASONS(浜崎あゆみ)

 

www.youtube.com

 

今年もひとつ季節が巡って

思い出はまた遠くなった

曖昧だった夢と現実の

境界線は濃くなった

 

それでもいつか君に話した

夢に嘘はひとつもなかった

La La-i

 

今日がとても楽しいと

明日もきっと楽しくて

そんな日々が続いてく

そう思っていたあの頃

 

繰り返してく毎日に少し

物足りなさを感じながら

 

不自然な時代のせいだよと

先回りして諦めていた

La La-i

 

今日がとても悲しくて

明日もしも泣いていても

そんな日々もあったねと

笑える日が来るだろう

 

幾度巡り巡りゆく

限りある季節の中に

僕らは今生きていて

そして何を見つけるだろう

 

歌詞掲載について