雑記惑星あんのん

メインはSFと歴史とドラマ。気まぐれな雑記ブログです。

雑記惑星あんのん

【麒麟がくる】第9話の感想。信長の失敗(名言&セリフ付き)

f:id:sakura_9_go:20200505013127j:plain

 

【麒麟がくる】第9話では、

信長が先走りして、 三河の松平広忠を暗殺してしまいました。

 

父親の信秀に褒めてもらえると思ったからなんですが、

あどけない顔の中に狂気が見えて怖かったです。

 

帰蝶は信長に鉄砲指南を受けたあと、

かつて好きだった光秀のことを語ってしまいましたが、

それを聞いた信長の表情も印象的でした。

 

www.nhk.or.jp

 

 

 

【あらすじ】信長は帰蝶との婚儀に現れない

 

長年にわたって抗争を続けてきた美濃と尾張が和議を結びました。

 

斎藤利政(本木雅弘)の娘・帰蝶(川口春奈)は、

その証として、織田信秀(高橋克典)の嫡男・信長(染谷将太)に嫁ぎます。

 

ところが信長は帰蝶との婚儀には出ず、

城の者たちを慌てさせました。

 

朝帰りした信長は、

「村人のために化け物退治をした」と帰蝶に説明。

 

嬉しそうに「村の者と同じ心を持つことじゃ」と語る信長を見て、

帰蝶は彼が信用できる人物だと思います。

 

その後、2人は末森城の信秀に挨拶に行きましたが、

信長は婚儀の引き出物だといって、とんでもない物を父に差し出しました。

 

それは三河の松平広忠(浅利陽介)の首でした。

 

信長は今川との戦いに先手を打ったと主張しますが、

信秀は時期を理解していないと叱りました。

 

一方、美濃の光秀(長谷川博己)は、

叔父・光安(西村まさ彦)の言いつけで妻木に行き、

幼い頃に遊んだ煕子(木村文乃)と再会していました。

 

登場人物はこちら

 

www.nhk.or.jp

 

【感想】制作サイドには金田一少年の事件簿のファンがいた?

 

信長は昔から怖いというイメージが定着していて、

「泣かぬなら殺してしまえホトトギス」という句も有名ですが、

染谷信長の恐ろしさは格別ですね。

 

帰蝶や領民には優しい顔を見せますが、

幼い竹千代の父親を平然と亡き者にしてしまいました。

この二極性って、やばいじゃないですか。

 

今までのイメージ通り俺様キャラで、ステレオタイプの暴君なら、

「やっぱり信長だからね」と納得できますが、

染谷信長にはキュートで善良な一面もあるので、

なんだかサスペンスの真犯人を見てる感じなんですよ。

 

信長がそんな人格になってしまった原因は、

土田御前が弟ばかり可愛がるせいだと思いますが、

信長は「父上に褒めてもらいたい」と言っているので、

信秀もきっと厳しかったんですね。

 

愛情不足の信長というのは、

かつての作品でほとんど描かれなかったですし、

現代の親子関係にも通じるところがあるので、

共感する人がたくさんいるのではないでしょうか。

 

本当にいままでとはぜんぜん違う染谷信長ですが、

私は彼を見ていて、あるアニメキャラにそっくりだと気づきました。

 

金田一少年の事件簿に登場する高遠遥一です。

 

dic.pixiv.net

 

金田一ファンならご存じだと思いますが、

高遠遥一も典型的なサイコパスで、母親との接点がほとんどなかったんですよ。

 

自分が気に入った者には優しくても、

敵認定した相手を容赦なく葬り去るところが、

染谷信長とまったく同じなんです。

 

ちなみに、金田一少年の事件簿には、

高遠遥一の母と交流のあった明智警視がいるんですよ。

 

dic.pixiv.net

 

これは私の想像ですが、

【麒麟がくる】のスタッフの中には金田一少年の事件簿のファンがいて、

『信長は高遠遥一のようなイメージがいい!』と思ったんじゃないでしょうか。

 

愛情不足でサイコパスの信長と、

真面目で堅物な光秀はやがて主従関係になりますが、

生い立ちの相違から徐々に溝が生まれて行くような気がします。

 

【セリフ】光秀はおとぎ話の世界に迷い込んだ?

 

明智十兵衛光秀(長谷川博己)

 

覚えがあります。

わしもここで鬼となり、かくれんぼを。

隠れていた女子を見つけて、花吹雪を浴び、

そうか・・・あれはそなたか。煕子殿じゃ。

 

織田信長(染谷将太)

 

(帰蝶に対して)

嫁いでくるのは蝮の娘と聞いていた。

いかな蛇女かと思うたが、要らぬ心配だったようじゃ。

 

村の者と同じ心を持つことじゃ。

村の者と同じになってやらねば、化け物は見えぬ。

わしは化け物を見られなんだ。

されど、わしが池に入ってみせれば、 みなが安心するであろう。

村の者たちはまた商売に出かけられる。

田を作ることができる。 それが大事じゃ。そう思わぬか? 

 

(信秀に対して)

解せませぬ・・・

広忠は今川にすり寄り、この尾張に攻め込まんとしておった。

その広忠を亡き者とし、われらは先手を取ったのです。

いま竹千代を擁するわれらは、三河を押さえたも同然。

何故お叱りになる?

 

われらは今川に備え、手はずを整えておるではありませんか。

美濃と手を結び、姫を娶った。

今川が来れば美濃は黙っておりませぬ。

われらは必ず勝てまする。

 

鉄砲は音が良い。 この音を聞くと気持ちがすっとなる。

 

(光秀について)

ほう、そなたの親父殿を困らせるとは、

面白き男よの。

 

織田信秀(高橋克典)

 

(信長に対して)

物事には時期というものがある。

これで今川は明日にでも竹千代を取りに来るぞ。

いま戦うて勝てると思うか?

 

美濃が加勢に来るかどうかはまだわからぬぞ。

斎藤利政は蝮じゃ!

こちらが弱みを見せれば、たちまちこの喉元に牙をむく男ぞ。

手を結んでからまだ日が浅い。

まだまだ当てにはできぬ。

わしがこんな身体でなければ・・・

今は、今戦えばわれらは勝てぬ。

 

松平竹千代(岩田琉聖)

 

金魚じゃ。唐より渡って来たというが、

こんなところでは金魚も可哀想じゃ。

国を遠く離れ、狭いところに閉じ込められ、

わしと同じじゃのう。

 

明智光安(西村まさ彦)

 

兄上が亡くなる時、約束したのじゃ。

十兵衛が身を固め、一家の主となった時、

この明智城をお返しすると。

わしはそれまでなんとしても、 この城を守ってみせる。

そして兄上がそうであったように、

十兵衛にも立派な城主となってもらう。

それまでもう一息じゃ。

 

望月東庵(堺正章)

 

戦のたびに家が焼け、空き家が増える。

空き家には食うものがないから、 鼠が引っ越してくる。

わしらも鼠も恨めしいのは戦じゃ。

 

土田御前(檀れい)

 

この世には見てはならぬものがあるのです。

開けてはならぬ箱があるのです。

 

帰蝶(川口春奈)

 

信長様がお帰りになるのを、

今か今かとお待ち申し上げておりました。

この帰蝶との祝言を放り出すとは、

よほどの大事があったのでございましょうな。

 

(鉄砲について)

まるで雷に撃たれたような。

かようなものとは・・・ 楽しゅうございます。

かようなものと知っておれば、

美濃にいる時、もっと早くやらせてもろたものを。

 

(信長に対して)

父上ではござりませぬ。

従兄弟の明智十兵衛という者が。

急に鉄砲に興味を持ったと思うたら、

手に入れたいゆえ、堺に参る、近江に参ると騒いで、

父上が困り果てるほどでございました。

まことに面白き男なのです。

何かに夢中になると、

怖いものがこの世からみな消えてしまうから、困るのだそうです。

 

煕子(木村文乃)

 

もし。戸を閉めてくださいませ。

鬼に見つかってしまいます。

可愛い子鬼が三匹、私を探しているのです。

かくれんぼにございます。

 

基本情報

 

放送日:2020年3月15日

脚本:岩本真耶

視聴率:15.0%