雑記惑星あんのん

メインはSFと歴史とドラマ。気まぐれな雑記ブログです。

雑記惑星あんのん

【麒麟がくる】第7話の感想。帰蝶の願い(名言&セリフ付き)

f:id:sakura_9_go:20200505013127j:plain

 

【麒麟がくる】第7話では、

美濃と尾張の和議のために、帰蝶が嫁ぐという話が持ち上がりました。

 

戦国時代の婚姻同盟は、

嫁いだ姫が人質になるのが大前提なので、

帰蝶と幼なじみの光秀は困惑します。

 

またこの件をめぐって、学友だった斎藤高政と意見が対立してしまい、

2人は絶交することになってしまうのでした。

 

www.nhk.or.jp

 

 

 

【あらすじ】切羽詰まった織田が美濃との同盟を画策

 

尾張の織田信秀(高橋克典)は一族の織田彦五郎と対立してしまい、

今戦っている斎藤利政(本木雅弘)と今川義元(片岡愛之助)に加えて、

3つの敵を抱えることになってしまいました。

 

体調が思わしくない信秀は敵を減らすことを考え、

不倶戴天の仲だった利政と和議を結ぶことにします。

 

海路による富を得たい利政は渡りに船と喜ぶが、

織田側が和議の条件として提案してきたのは、

利政の娘・帰蝶(川口春奈)と、

信秀の嫡男・信長(染谷将太)の結婚でした。

 

しかし美濃の姫が尾張に嫁ぐということは、人質も同然であり、

土岐家の意向を無視した独断専行だったので、

帰蝶の異母兄・高政(伊藤英明)は大反対しました。

 

登場人物はこちら

 

www.nhk.or.jp

 

【感想】駒の思い込みが強すぎて引く

 

いつ出てくるのか、ずっとやきもきしていましたが、

ようやく織田信長が登場しましたね!

 

【麒麟がくる】は明智光秀が主人公なので、

私は信長が最初から出てくると思っていたんですが、

制作サイドは斬新な信長像を作ると言っているので、

ワザと登場を遅くしてミステリアスにしたんだと思います。

 

しかも最後のワンシーンだけでした。

 

でも確かに、昔のドラマなどで見た信長とは、

一味違う雰囲気を持っていました。

 

海から船に乗ってやってきたので、

「天下人に俺はなる!」と叫ぶかと思ってしまいましたよ。

 

帰蝶が尾張への輿入れを嫌がったのは、

前夫・土岐頼純の一件があったからでしょう。

 

もし同盟が破綻して、再び尾張と戦になれば、

美濃が勝利した場合、信長もただでは済みませんから。

 

また個人的な感情として、幼い頃から光秀が好きだったので、

2度目の結婚相手は彼がいいと思ったのかも知れません。

 

光秀はあまり感情を表に出さないのでわかりにくいですが、

彼は駒を気に入っているようですね。

 

前回、旅の途中でいい感じになりましたし、

光秀が駒を見る視線は他の女性を見る時と、 微妙に違う感じもします。

 

駒は「十兵衛様と私では身分が・・・」と思って遠慮していますが、

しかるべき家の養女になれば、光秀と結婚することができます。

 

ちなみに、徳川13代将軍の家定に嫁いだ篤姫は、

島津家の支流である今泉家の出身でしたが、

まず本家の島津斉彬の養女となり、

その後、公家の近衛忠煕の養女となって大奥に入りました。

 

戦国時代でも身分の高くない女性が、

有力者の養女となって嫁いだ例は枚挙に暇がないので、

駒と光秀が本当に想いあっているなら、明智家のほうでも考えますよ。

 

でも、駒の必然性ってあまり感じられないんですよね。

 

彼女を応援している人には申し訳ないですが、

メインヒロインとしてのオーラが足りないんですよ。

 

いまの設定より、光秀の妹で帰蝶の友だちとかのほうが、

全然いいのではと思いました。

 

【セリフ】利政のポリシーは国を豊かにすること

 

明智十兵衛光秀(長谷川博己)

 

和議というものは互いの思惑により、

破られることも多々でございます。

再び戦となれば、まず始めに切られるのは人質。

そうすることが正しいのかどうか。

情として忍びない思いもございますゆえ。

 

斎藤利政(本木雅弘)

 

人を説き伏せるには、

まず自らがそれを正しいと思うことが大事ぞ。

 

情として忍びない・・・

それは父親であるわしが最も感ずる所。

そなた以上にわしは辛いのじゃ。

胸が張り裂けんばかりじゃ。

わかるか、十兵衛。

その情を断ち切るだけの値打ちが、

この和議にあるかどうかであろう。

 

わしの父親は若い頃、

油や紙を売り歩く商人であったが、よく申していた。

「海のある国は食うに困らぬ。 海には魚がいる。港を作れば船が来る。

船は材木や織物や諸国の品々を山のように積んできて、

それを売る市が立つ。市が立てば商人が集まり金が動く。

そこから大きな利が生まれる。尾張はそういう国じゃ」と。

この美濃には海がない。苦労して田を耕し畑を潤す。

その一年分の稼ぎを、海の恵みはあっという間に超えて行く。

国を豊かにするなら海を手に入れることじゃ。

あの尾張の向こうには海がある。

我らはそこに行くため戦をしてきたようなものじゃ。

その尾張が手を差し出してきた。

和議を結べば海が近うなる。

わしの仕事は戦をすることではない。国を豊かにすることじゃ。

豊かであれば国はひとつになる。

一滴も血を流さず豊かになる。 それがこたびの和議じゃ。

 

明智光安(西村まさ彦)

 

実は尾張の織田信秀が殿のもとに使者をよこし、

「和議を致したい」と申し入れてきたのじゃ。

「もう美濃とは戦はせぬ。仲よくしよう」

まあ、そういう話じゃ。

織田は身内同士でいがみ合うておる。

今川義元は隙あらばと槍を研いでおる。

このままではやって行けぬということじゃ。

 

 織田信秀(高橋克典)

 

のう、政秀。

つらつら思うに、我らは3つの敵に囲まれておるのじゃ。

駿河・遠江の今川義元、美濃の斎藤利政、

そして、この度わしに煮え湯を飲ませた織田彦五郎様。

守護代とはいえ、同じ織田の一族。

何故いちいち、わしのやることに横槍を入れてくる。

わしはのう、政秀。

ここのところ、息切れがひどい。

戦のたびに身体の中で、 何かが泥のように崩れ落ちて行く。

2つの敵であれば、 この両手でなんとか始末をつけられるが、

3つは手に余る。 もはや3つは手に余る。

そこでじゃ、わしは美濃の蝮めと手を結ぼうかと思う。

彦五郎と今川、この2つと五分に戦うためには、

美濃を味方につける他あるまい。

 

平手政秀(上杉祥三)

 

はっきり申せば、殿への嫉妬でございます。

殿は交易の要たる津島・熱田を抑え、

尾張一の富を手にお入れになっている。

しかも戦にはお強い。

金もあり力もある縁者など、

「躓いて死んでしまえ」ぐらいに思うもので。

 

牧(石川さゆり)

 

女子はいずれ、しかるべきお方に嫁ぎ、

子を産み育てなければなりません。

それは誰にでも言えること。

帰蝶様も駒さんも、皆等しゅう、 そういう時を迎える。

それが今日か明日か、わかりませんが。

 

駒(門脇麦)

 

(牧に対して)

それができぬ者はどうすればいいのでしょうか。

想うても、想いが遂げられぬ者もありましょう?

身分のこと、暮らし向きのこと、

様々な訳があり、嫁ぐことが叶わぬ者は。

 

帰蝶(川口春奈)

 

(光秀に対して)

浅ましき話ならここで聞く。面白き話なら座っても良い。

叔父上とどういう話をしたのじゃ?

私を嫁に行かせる話か。

一度目は何もわからず、父上の仰せに従うた。

それで私がどういう目に遭うたかわかっておろう。

 

十兵衛は幼い頃よう泣いていた。

木から落ちて泣き、蜂に刺されて泣き、

それを私に見られて、

「武士の子が泣いたのでは面目ない。

頼むから誰にも申すな。母上にも内緒にしてくれ」 そう申した。

それゆえ誰にも言わず、ずっと黙って通した。

いちばん親しい身内と思うているゆえ、約束を守った。

今度は私を守ってほしい。

「尾張などに嫁に出してはならぬ」 皆にそう申してほしい。

 

織田信秀の嫡男は三郎信長という名で、

尾張ではうつけという噂が流れているそうな。

しかし美濃では誰に聞いても見た者はおらぬ。

うつけというが、どううつけか誰も知らぬ。

十兵衛、見てきてくれぬか。

その信長という男を。

今なら尾張に入るのは容易いであろう。

十兵衛の目で見て、いかなる男か教えてもらいたい。

 

基本情報

 

放送日:2020年3月1日

脚本:池端俊策

視聴率:15.0%