雑記惑星あんのん

メインはSFと歴史とドラマ。気まぐれな雑記ブログです。

雑記惑星あんのん

【麒麟がくる】第18話の感想。越前へ(名言&セリフ付き)

f:id:sakura_9_go:20200505013127j:plain

 

【麒麟がくる】第18話では、

明智家が美濃を脱出し、越前に落ち延びました。

 

当時の越前は朝倉氏が治めており、

かつての都を思わせるような繁栄を誇っていました。

 

でも、当主の義景は一癖ありそうな人物でしたよ。

 

www.nhk.or.jp

 

 

 

【あらすじ】光秀は義景の援助を断る

 

光秀(長谷川博己)は、かつての友だった斎藤高政(伊藤英明)と敵対し、

亡き叔父・光安の言いつけで美濃から離れることになりました。

 

燃え盛る城を背に、断腸の思いで故郷を離れる明智家の人々。

目指す先は帰蝶(川口春奈)のいる尾張でした。

 

ところがそこに駒(門脇麦)が現れ、

尾張方面には高政の兵がいるため、逃れるのは難しいと言います。

 

光秀たちはやむなく北を目指しますが、

その途中、旅芸人の伊呂波太夫(尾野真千子)が現れ、

「帰蝶様が手配済みなので越前を目指しましょう」といい、

道案内を引き受けました。

 

公家の近衛家と縁の深い伊呂波太夫は、

越前の太守・朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と知己だったので、

光秀は義景に謁見することができました。

 

義景は光秀の友である細川藤孝(眞島秀和)から文を受け取っており、

さらに伊呂波太夫が助けた人物なら間違いないと思い、

光秀に金銭を援助すると言いました。

 

しかし光秀はそれを断ってしまったのです。

 

義景の心象を悪くしてしまったのか、

明智家に与えられたのは、まったく手入れされていない粗末な廃屋でした。

 

登場人物はこちら

 

www.nhk.or.jp

 

【感想】義景の存在感は良かった

 

越前編はなかなかいい感じでスタートしましたね。

とくにユースケ・サンタマリアさんが演じる朝倉義景は最高です!

 

mantan-web.jp

 

義景は善人なのか悪人なのかよくわからないキャラなんですが、

落ち延びてきた光秀に対して「(お金を)くれてやろうぞ」と言ったり、

床をえぐるように拭けと使用人に命じたので、

上から目線の人なのは間違いないですね。

 

ユースケさんが演じているので、義景は40代くらいに見えましたが、

実は信長より1歳年上なので、まだ20代なんですよ。

 

ちなみにゲームではなかなかのイケメンでした。

 

f:id:sakura_9_go:20200519224024j:plain

信長の野望・蒼天録withPKより引用

 

実は朝倉家はけっこう好きな大名でして、

義景でゲームクリアしたこともあるんですよ。

 

もっともこのデータじゃ使い物にならないので、

かなりチートにエディットしてしまいましたが。

 

今から20数年前には、

義景の本拠地の一乗谷に家族旅行で行ったこともあります。

 

www.fuku-e.com

 

f:id:sakura_9_go:20200520004145j:plain

イメージ画像は写真ACより

 

風光明媚で素晴らしいところですし、

土地の人もやさしくていい人ばかりなので、

義景が「安楽の地」と言ったのは納得しましたね。

 

光秀は変な気を遣って、義景からの援助を断ってしまいましたが、

素直に「お願いします」と言っておけば、

義景は重臣として処遇してくれたのではないでしょうか。

 

もし煕子に子どもができたら、何かとお金がかかるので、

誇りにこだわらず、もう少し現実を見てほしかったです。

 

織田家の悲劇

 

信長と信勝の対峙には泣けましたね・・・

 

せっかく兄弟が腹を割って話し合ったのに、最悪の結果になるとは、

あの世の信秀も嘆いているんじゃないでしょうか。

 

また信勝を可愛がっていた土田御前はどうなるのでしょうか。

 

まさか信長がお母さんまで手にかけるとは思えませんが、

危険を回避する方法としては、仏門に入るのが最善でしょう。

 

でも、あの水差しには、

本当に毒が入っていたのか気になります。

 

もしただの水だったら、

信勝は死なずに、兄の忠臣となって活躍できたかも知れません。

 

麒麟の話は父が息子にするべきだった

 

今回は伊呂波太夫だけでなく、駒の手助けもあって、

光秀一行は越前に入国することができました。

 

とんとん拍子に進んだのでご都合主義だという声もありますが、

彼女たちがいなければ朝倉領にはたどり着けなかったと思うので、

伊呂波太夫も駒もファインプレーだと思います。

 

駒は以前と違って、ツンツンしている感じもなく、

煕子に質屋のことを教えたりしたので、

少し大人になったのかも知れません。

 

また彼女と明智家の関わりも明らかになりましたが、

光綱が故人というのは残念でした。

 

でも、なぜ平和な国に麒麟がくるのかわからないので、

検索して理由を調べてみましたよ。

 

すると興味深い一文を発見したんです。

 

織田信長は麒麟という字を具現化した花押を使用しており、

信長が将軍・足利氏にかわって、

自ら実力によって、天下を統一しようという願望を抱いていたことを、

明瞭に物語るとされている。

 

麒麟 - Wikipedia(一部加筆修正しました)

 

この記述によれば、

信長が麒麟を連れてくることになるんですが、

彼は本能寺の変で光秀に倒されてしまうので、

光秀が麒麟を呼ぶキーマンになりそうです。

 

そうすると麒麟の話をしていた駒は、

やっぱり重要な人物になってくるんですよ。

 

光秀の父親が助けた女性ですから、

光秀にとっては義理の妹のような存在になりますし。

 

ちなみに、織田信長の側室には「御ツマキ殿」という女性がいたんですが、

彼女は光秀の妹という説が有力です。

 

駒が信長の側室になるとは思えませんが、

もしかしたら、東庵とともに織田家に仕えることになって、

信長に麒麟の話をすることがあるかも知れません。

 

とはいえ、駒は実在の人物ではなく、

明智家と血縁関係もない女性なので、

麒麟の話は光綱が直に光秀に語っていたほうが、

ぐんと共感できたと思います。

 

また最新の史料に基づいた作りはいいんですが、

巷間で語られている逸話も少しは尊重してほしいですね。

 

光秀の妻・煕子に関するエピソードは、

「謀反人」の汚名返上にも一役買いましたから。

 

【セリフ】牧の名言に励まされた

 

明智十兵衛光秀(長谷川博己)

 

私に尾張を動かすほどの力はございません。

 

(義景の援助に対して)

それは、いただけません。

いただく理由がございません。

 

(伊呂波太夫に対して)

されど、私が金をいただけば、

それは藤孝殿や帰蝶様がいただくことと同じです。

心苦しい限りです。

それはお受けできませぬ。

 

私は戦が好きではありません。

勝っても負けても、戦は戦でしかない。

戦に赴くことは、武士の定めと思うておりました。

田も起こさず、畑も耕さぬ。

武士の生き方なのだと思うて。

されど、負けてすべてを失うてみると、

己の無力さだけが残るんです。

 

幼き頃、父上と馬を走らせたことがあります。

その時、父上はこう仰せられました。

「十兵衛、馬は誇り高き生き物ぞ。

勝っても負けても、己の力の限り走る。遠くへ。

それが己の役目と知っておるのじゃ」

我らもそうでありたい。誇り高く。

 

織田信長(染谷将太)

 

権六、そちは信勝の重臣であろう?

おのれの言葉が、

主君を斬る刃となるを知らぬわけではあるまい。

首をはねられてしかるべきことを、申しておるのじゃぞ?

 

先にも信勝はわしに背いた。

母上が許せと仰せになり、わしは折れた。

権六、わしは愚かじゃな。

 

(弟の信勝に対して)

子供の頃より、そなたは母上に可愛がられた。

色白で素直で賢く、誰もがそなたを褒めそやした。

そういうそなたを、母上はいつも手元に置かれた。

今もそうじゃ。

わしはそれが口惜しかった。

わしはそなたに比べると、醜い子であった。

色が黒く、母上のお好きな和歌も詠めず、

書も読まず、犬のように外を走り回り、

汗臭い子じゃと母上から遠ざけられた。

ある時わしは、そのことに気づいた。

そなたの美しさ賢さに、遠く及ばぬとわかった。

妬んだ。殺してやろうと何度も思うた。

わかるか?

 

我らは似た者同士ということか。

 

信勝、そなたこれを飲め。

白山より脇き出た水であろう。

ありがたき水であろう?

どうした?飲んでみよ。

 

信勝・・・愚か者。

 

朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)

 

わしは余計な争いに巻き込まれたくない。

日々、穏やかに暮らしたいのじゃ。

 

(光秀に対して)

このまま美濃に返すわけにも行くまい。

しばらくおればよい。

そなたは運が良いぞ。

この一乗谷は安楽の地じゃ。

 

そなた、金が要るのであろう?

さしあたって、今日の米代にも困るのであろう?

くれてやろうぞ。

 

織田信勝(木村了)

 

私も、兄上を妬ましく思うておりました。

いつも兄上は私より先を走っておられる。

戦に勝ち、国を治め、

私がせんと願うことを、すべて成し遂げてしまわれる。

兄上が疎ましい。

兄上さえいなければ・・・

 

牧(石川さゆり)

 

駒さん、私は嬉しゅうございます。

光綱様のことがそなたから聞けて。

 

私も信じます。

いつの日か必ず戦は終わる。

麒麟がくると。

 

十兵衛、そなたの父上が、

私に仰せになったことがあります。

人には浮き沈みがある。

武士には勝ち負けがある。

沈んだ時にどう生きるか。

負けた時にどう耐えるか。

その時に、その者の値打ちが決まると。

 

帰蝶(川口春奈)

 

(夫の信長に対して)

哀れなら、お許しになりますのか。

その哀れな男が起こす愚かな戦に、

まだお付き合いなさるおつもりですか。

いくら兵を失えば気が済むのですか。

 

信勝様にお会いなさいませ。

なんとしても、お会いなさいませ。

お顔を見てどうすればよいか、

お決めになればよろしいのです。

 

煕子(木村文乃)

 

駒さん、私も連れて行ってください。

質屋というのがどういう所か、私も知っておきたいのです。

 

帯はもう一本あるのです。

それに、帯の代わりはあっても、

この数珠の代わりはありませんから。

 

この数珠は十兵衛様が、

亡き御父上から受け継いだ大切なものですから。

 

私も駒さんと質屋に行けて楽しかったです。

次はもっと粘ってみます。

本当にありがとうございました。

 

伊呂波太夫(尾野真千子)

 

まことに古の都を見る心地がいたします。

 

(光秀に対して)

霞を食うて生きるおつもりですか?

くれるというもの、貰うておけばいいのに。

朝倉家は国持ちの大名でございます。

世話する家のひとつやふたつ、増えたところで、

痛くもかゆくもございませぬ。

 

駒(門脇麦)

 

以前、美濃で、

明智の方々にそれは良くしていただき、

戦と聞いて、何かできることはないかと。

 

(自身の恩人について)

その方は私に、麒麟のことを話してくれました。

麒麟というのは、戦のない穏やかな国にやってくる、

不思議な生き物だそうです。

そう言って、戦が怖いといって泣く私を、

なぐさめてくれたのです。

戦は必ず終わる。

麒麟を連れてくる人が必ず現れると言って。

 

私はただ、何もできなくて。

自分の命を救ってくれたのは、どなたかと。

いつかお会いできたら、恩返しをしなければと。

そう思うておりましたのに・・・

何もできず、無念でなりません。

 

基本情報

 

放送日:2020年5月17日

脚本:岩本真耶

視聴率:15.1%