雑記惑星あんのん

メインはSFと歴史とドラマ。気まぐれな雑記ブログです。

雑記惑星あんのん

【麒麟がくる】第15話の感想。道三、わが父に非ず(名言&セリフ付き)

f:id:sakura_9_go:20200505013127j:plain

 

【麒麟がくる】第15話では、

美濃を二分する戦の前触れが描かれました。

 

斎藤利政は隠居し、出家して道三と名乗ったんですが、

後継者となった長男・高政はとんでもない暴挙に出てしまいます。

 

それは父に認められない焦燥感と、

尾張の織田信長へのライバル心からでしたが、

光秀や明智家の一族にとっても、命運を左右する出来事だったんです。

 

www.nhk.or.jp

 

 

 

【あらすじ】利政は隠居して道三に

 

斎藤利政(本木雅弘)が仏門に入り、道三と名乗りました。

 

家督は長男の高政(伊藤英明)が継ぎましたが、

そのことで不満を持つ者がいました。

 

高政の異母弟・孫四郎(長谷川純)です。

 

孫四郎は深夜、 明智光安(西村まさ彦)の館を訪れ、

自分に助力するよう要請します。

 

それは同母姉の帰蝶(川口春奈)の指示によるものでした。 

 

美濃の国主になった高政が、

信長(染谷将太)と敵対中の織田彦五郎に通じているので、

帰蝶は高政ではなく、孫四郎に美濃を任せたかったのです。

 

さらに帰蝶は高政に美濃の守護代を退いてもらうよう、

光秀(長谷川博己)や光安が、

国衆たちに働きかけてほしいと思っていました。

 

しかし光秀は孫四郎の要請を断りました。

 

高政が幼い頃からの学友であること、

そして家督を継いで日が浅いため、その様子を見たかったのです。

 

当てが外れた孫四郎は憤慨して、館を出て行ってしまいました。

 

稲葉山城主となった高政は仕事に精を出していました。

光秀は高政の熱心な様子に感心しますが、

信長夫婦が手紙ひとつも寄越さないという愚痴を聞かされます。

 

高政は信長との盟約を考え直したいと思っていたのです。

そこで光秀に尾張に行けと命じました。

 

だが行っても無意味と感じた光秀は、 道三のもとに行き、

家督交代が時期尚早だったのではないかと、

自分の本音を打ち明けました。

 

登場人物はこちら

 

www.nhk.or.jp

 

【感想】珍しいマイナーキャラ回

 

いやあ、暗殺3件はきつかったですね。

 

ドラマの開始が2週間遅れた影響で、

いろいろ駆け足で行かなきゃならない事情はあったんでしょうが、

今回はちょっと参りました。

 

そもそも織田彦五郎も織田信光も斯波義統も、

歴史に疎い方にとっては「誰?」ってキャラでしたし。

 

ちょっと横道にそれますが、

せっかくなので、彼らがどんな人物なのか紹介しておきますね。

 

織田彦五郎:信長にとっては親の代からの宿敵

 

f:id:sakura_9_go:20200430145908j:plain

信長の野望・蒼天録withPKより引用

 

 

織田信友(おだのぶとも)は戦国時代の武将。

尾張下四郡の守護代。大和守として知られる織田達勝の後継者である。

実父は織田達広(たつひろ、又はみちひろ、織田因幡守)とされるが不明。

一説に伯父とされる織田敏定が養父になったという(『寛政重修諸家譜』)。

諱は広信(ひろのぶ、初名か)、また信豊(のぶとよ)とも。

通称は彦五郎。尾張清洲城城主。

 

織田信友 - Wikipedia

 

 

この人、いろんな名前で呼ばれていたようですが、

「信友」や「広信」だと視聴者が混乱してしまうので、

「彦五郎」ということになったんですね。

 

同じ織田一族でありながら、信長とは相当に仲が悪かったみたいで、

信長を排除するためにいろんな謀略を巡らしていました。

 

主君・斯波義統を暗殺した首謀者とも言われています。

 

【麒麟がくる】では囲碁仲間の織田信光に、

不意打ちを食らって暗殺されてしまいましたが、

史実では主殺しの悪人として成敗されたそうです。

 

織田信光:帰蝶に暗殺をそそのかされた信長の叔父

 

f:id:sakura_9_go:20200430152138j:plain

信長の野望・蒼天録withPKより引用

 

 

織田信光(おだのぶみつ)は、戦国時代の武将。津田信光とも。

織田信定の子、信秀の弟。通称は孫三郎。尾張国守山城主。

永正13年(1516年)、

尾張国の織田弾正忠家の当主・織田信定の子として誕生。

若年より武略に優れ、兄・信秀に従って小豆坂の戦いに出陣し武功を挙げ、

『甫庵信長記』などによれば小豆坂七本槍の一人として名を馳せた。

 

織田信光 - Wikipedia

 

 

ゲームではパッとしないデータなんですが、

初期の信長を支えた人物として知られています。

 

この顔グラフィックは信光を演じた木下ほうかさんに、

なんとなく似ていますね。

 

しかし美味しそうなみたらし団子をすすめながら、

信光に暗殺を煽る帰蝶は怖かったです。

 

もし信光が「やらない」と言ったら、どうなっていたのでしょうか。

 

斯波義統:まったく力のなかった尾張守護

 

f:id:sakura_9_go:20200430152915j:plain

信長の野望・蒼天録withPKより引用

 

 

斯波義統(しばよしむね)は、戦国時代の守護大名。

斯波氏(武衛家)14代当主 。

 

斯波義統 - Wikipedia

 

 

織田彦五郎の主君にあたる人物です。

 

家柄は管領・細川家などに匹敵する名門でしたが、

応仁の乱以降は力を失い、

守護代・織田大和守家の操り人形も同然でした。

 

とくに悪いことをしたわけではないのに殺されるなんて、

義統も戦国の闇の犠牲になってしまいました。

 

斯波義銀:信長の錦の御旗となった人物

 

f:id:sakura_9_go:20200430154906j:plain

信長の野望・蒼天録withPKより引用

 

 

斯波義銀(しばよしかね)は、

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

本姓は源氏。斯波氏(武衛家)15代(最後)当主。

尾張守護・斯波義統の嫡男。

 

斯波義銀 - Wikipedia

 

 

尾張守護・斯波義統が織田彦五郎に殺害された時、

嫡子の義銀は信長に助けを求めました。

 

このことにより、彦五郎を討つ大義名分を得た信長は、

叔父の信光を使って彦五郎を謀殺。

労せずして清州城を手に入れることに成功します。

 

ゲームでは散々なデータですが、

信長によって利用された人物だから仕方ないんでしょう。

 

高政が悪の教典にしか見えない・・・

 

今回の【麒麟がくる】に登場したマイナーキャラたち4人を、

一気に紹介してみましたが、

美濃の斎藤孫四郎と喜平次はゲームにいませんでした。

 

彼らは道三の正室・小見の方の息子なので、

もう少し評価されてもいいと思うんですけどね。

 

それにしても、高政の暴走は怖いです。

 

病気と称して身内を呼び出し、

不意討ちで倒すという手法は、戦国ではよくあることなんですが、

高政の場合は孫四郎たちへの憎悪が激しいので、

ただの暗殺とは思えなかったですよ。

 

道三は息子を失ったことを嘆いていましたが、

そもそもの原因は、高政の処遇をきちんとしていなかったことです。

 

可愛いならちゃんと認めてやる。

嫌いならさっさと消し去る。

 

また可愛いにしても、のちのち家にとって危険を及ぼす存在であれば、

情けを捨てて消し去る必要がありました。

 

dic.nicovideo.jp

 

高政は高政で、親に認めてもらえなくても、

「俺には友だちの光秀がいるから」という強さを持ってほしかったです。

 

斎藤親子のすれ違いは本当に哀しいですね。

 

しかも高政は道三と似たようなことをやっておきながら、

「自分は土岐頼芸の子だ」と宣言してしまうんですから。

 

なんとも痛い「悪の教典」です。

 

【セリフ】光秀の意見はごもっともだ

 

明智十兵衛光秀(長谷川博己)

 

(孫四郎の要請に対して)

その儀、お断りいたします。

道三様は誰よりも高政様のことをご存じのはず。

その道三様が髪をおろして譲られた家督。

ご思慮の末のご決心と推察する所、

わずか二月三月でさような断は下せませぬ。

 

愚挙かどうかは、

まだ高政様は政事をはじめたばかりではございませぬか。

 

(道三に対して)

恐れながら、かかる混乱は、

殿がはっきりと後の道筋をつけずに、

家督をお譲りになられたからと存じます。

みな戸惑うているのです。

私がお聞きしたいのは、

殿が信長様との盟約をどうなさるおつもりだったのか。

高政様のお考えをお認めになり、全てを委ねられたのか。

 

斎藤利政(本木雅弘)

 

皆に申し伝える。

今朝わしは見ての通り頭を丸め、

仏門に入り、世俗の地位を払うた。

ついは後事を高政に委ね、

国の政事を万事託そうと思う。

古きを脱し、新しき世を作るのは新しき血じゃ。

このことは、わしの頭から一時たりとも離れることはなかった。

わが意を了とし、 以後は高政の声を、

わしの声と思うて従ってもらいたい。

 

道筋をつけてから身を引くべきであった・・・

道筋などあるのか?

わしは己が正しい道の上を歩いてきたとは微塵も思わぬ。

戦も勝ったり負けたりじゃ。

無我夢中でこの世を泳ぎ渡ってきた。

高政もそうする他あるまい。

力があれば上手く生き残れよう。

非力であれば道は閉ざされる。

わしの力でどうこうできるものではない。

帰蝶も孫四郎もそうじゃ。

わしはいずれ、消えてなくなる。

それが今日か明日かの違いじゃ。

 

美濃と尾張の盟約をどうするか。

明日考えることを今日考えるだけの話じゃ。

帰蝶には伝えてある。

「武運つたなく、信長殿が彦五郎殿に負けるようなら、

身ひとつでさっさと帰って参れ。

高政は食い扶持くらいは寄越すであろう」とな。

 

しかしわしは・・・

あの信長という男は易々と負けぬと思う。

高政と上手くやれ。孫四郎はきつく叱っておく。

 

(隠居の理由について)

そのような話、ただでは話せぬわ。

 

(高政に孫四郎と喜平次を暗殺されて)

美濃を手に入れた褒美がこれか!

わしがすべてを譲ったわが子が、

すべてを突き返してきたのじゃ・・・!

 

斎藤高政(伊藤英明)

 

わしは父上がやってきたような戦は好まぬ。

日々、平穏が良い。

 

十兵衛、そなたはわしの味方じゃ。

そうであろう?

 

皆に申しておく。

わしは弟を斬ったのではない。

斎藤道三の子を斬ったのだ。

道三はわが父に非ず。

わが父は土岐源氏の棟梁であり、

美濃の守護におわした土岐頼芸様である。

道三の子・孫四郎と喜平次は城を乗っ取り、

美濃を混乱に陥れる企てを巡らせていた。

悪しき芽は摘んだ。

これを機に美濃はみなの力を結集し、

揺るぎのない国を目指す。

 

織田信光(木下ほうか)

 

(帰蝶に対して)

実はのう、 清須の彦五郎から誘いを受けておるのじゃ。

「碁を打ちに参らぬか」と。

昔は彦五郎の亡くなった親父殿と、 よう碁を打ったものじゃ。

その頃を思い出し懐かしんで、 またおいでにならぬかとな。

 

信長殿はわしをお疑いにならぬかの?

 

太原雪斎(伊吹吾郎)

 

東庵殿、世情の噂ほど当てにならぬものはないぞ。

織田信秀の倅は大うつけと言われておったが、

そのうつけが尾張をほぼ手中に収めんとしている。

由々しきことじゃ。

 

帰蝶(川口春奈)

 

(信光に対して)

良いお話ではありませんか。

打ちにお行きになればよろしいかと。碁を。

 

彦五郎殿も斯波家の若殿をこちらに抑えられ、

焦っておいでなのでしょう。

それゆえ、仲間を増やしたいのじゃ。

碁の仲間を。

 

こちらも手詰まりでございました。

あちらから誘いがあるのは、 好都合ではありませぬか。

叔父上が心変わりなさるとは、誰も思いませぬ。

お迷いにならずお行きになればよい。

行って、お打ちになれば、

よろず、片が付くというもの。

碁が終わったと知らせがあれば、

時を移さず、殿も参られましょうぞ。

 

藤吉郎(佐々木蔵之介)

 

わしはもう商いはやめたのだ。 侍になるのだ。

もともと侍になろうと思うて駿河に来たのだ。

どこぞの偉い侍に仕えて、 手柄を立てて、

ゆくゆくは一軍の大将じゃ!

わしは決めたのだ。

なるなら今川様の家来が良いと思うていたが、

どうも近頃は尾張の織田信長様の評判が良い。

わしのような者でもどんどん召し抱えて下さり、

なかなかの上り調子と聞く。

それゆえあと三四日、お駒ちゃんから字を習い、

尾張へ旅立とうと思うておるのじゃ。

一緒に行かぬか?

一人より二人が良い。

 

基本情報

 

放送日:2020年4月26日

脚本:池端俊策

視聴率:14.9%