雑記惑星あんのん

メインはSFと歴史とドラマ。気まぐれな雑記ブログです。

雑記惑星あんのん

【麒麟がくる】第14話の感想。聖徳寺の会見(名言&セリフ付き)

f:id:sakura_9_go:20200505013127j:plain

 

【麒麟がくる】第14話では、信長と利政の会見が描かれました。

 

過去の作品とはまったく違う切り口だったので、

非常に面白かったです。

 

信長が「着替えに手間取った」と言って、会見の場に遅刻したのは、

心理戦において自分が優位に立つためでした。

 

www.nhk.or.jp

 

 

 

【あらすじ】会見の種明かしをした信長

 

廃屋に隠れていた利政(本木雅弘)と光秀(長谷川博己)らの前に、

奇妙ないでたちで馬に乗る信長(染谷将太)が現れました。

 

その行列を見ていた利政は驚きます。

信長は鉄砲隊を三百も率いていたからでした。

 

利政は信長と直に話がしたいと思い、聖徳寺に向かいました。

ところがいくら待っても来る気配はありません。

 

しばらくすると、信長が正装の姿で現れました。

 

慣れぬ装束のために時間がかかってしまったと言って、

信長は利政に頭を下げたのです。

 

信長は今日の会見について率直に語ります。

 

妻の帰蝶(川口春奈)が自分の身を案じて、

会見時の装束や鉄砲隊を用意してくれたのだと。

 

そして信長は、

帰蝶の手の上で踊らされている「尾張一のたわけ」だと笑いました。

 

利政が織田家の家老がいないことを不思議に思うと、

信長は若い側近の佐々成政と前田利家を紹介します。

 

彼らは貧しい家の出から、武将に昇格した者たちでした。

実は織田家も成り上がって大名になった家系だったのです。

 

信長は亡き父・信秀(高橋克典)のことに言及し、

「美濃の蝮」と呼ばれる利政を手強い男だと話していたと語ります。

 

それを聞いた利政は「見事なたわけだ」と感心し、

声をあげて笑いました。

 

気が合った様子の二人を見た光秀は、安堵したのでした。

 

登場人物はこちら

 

www.nhk.or.jp

 

【感想】高政の壊れっぷりがやばい

 

 染谷信長、ほんと怖いですね。

 

何を考えているのかまったく見えないところが、

相手にものすごい威圧感を与えるんですよ。

 

さすがの「美濃の蝮」も、

「この小僧とガチで戦をやるのはマズイ」と思ったのではないでしょうか。

 

帰蝶の最初の夫は前美濃守護の土岐頼純でしたが、

家柄だけは良いものの、まったくの小物でした。

 

しかし生意気なことに敵方と内通していたため、

利政の立てたお茶によって、葬り去られてしまったんです。

 

頼純は利政の立てたお茶を何の疑いもなく飲んでしまいましたが、

信長だったら「まずは舅殿から」と言って、

そう簡単には飲まないでしょうね。

 

信長は親から冷遇されていたこともあって、

猜疑心が人一倍強いからです。

 

それでも隙を見せれば、

利政は別の方法で信長を亡き者にした可能性がありますから、

帰蝶がいろいろお膳立てをし、

信長本人も佐々や前田を連れて行ったんですよ。

 

同盟はしているけど、油断はできない。

 

私たちはゲームなどの影響で戦国時代に憧れますが、

本当にギリギリの綱渡りで命をやり取りする、

すごい乱世だったんですね。

 

とはいえ、利政は信長の器量を認めたので、

もう殺されるという心配はないでしょう。

 

信長は尾張の緒川城に攻めてきた今川軍を、

鉄砲隊で殲滅することに成功しましたし。

 

ところが一難去ってまた一難。

斎藤家では壮大な親子ゲンカがはじまってしまいました。

 

利政の側室・深芳野が長良川で溺死し、

それにショックを受けた高政が「母上を飼い殺しにした」と、

利政に食ってかかったのです。

 

高政の気持ちはわかりますが、

ここまでマザコンなのはちょっと微妙ですね。

 

それに深芳野が死んだ理由もよくわかりません。

 

前にも利政と高政が激しくやりあっていたので、

それを悩んでメンタルがダメになったのかも知れませんが、

武将の妻という高貴な立場の女性が、

野垂れ死にしているというのはおかしいです。

 

もっとも斎藤親子の確執はその後、

とんでもない悲劇で幕を閉じますから、

深芳野はここでリタイヤで良かったんでしょうね。

 

高政はギャーギャーわめいたりせず、

自分の身の程をわきまえて行動すれば、利政に認めてもらえたのに、

それがわからないとはお気の毒です。

 

それにつけても、周囲の出来事がスゴすぎて、

光秀の存在が薄く見えるのがもったいないですね。

 

【セリフ】光秀に目立った活躍はなし

 

織田信長(染谷将太)

 

かように立派な装束は慣れておりませぬゆえ、

往生いたしました。

 

兎にも角にも、 今日。

私が山城守様に目通りいたすのを、

もっとも喜んだのは帰蝶でござります。

また、もっとも困り果てたのも帰蝶でござります。

 

私が、山城守様に討ち取られてしまうのでは・・・と

 

(鉄砲隊について)

あれはただの寄せ集めでござります。

いざという時どれほど役に立ちますか。

あれも帰蝶が山城守様に侮られぬよう仕組んだこと。

 

今日の私は帰蝶の手の上で踊る、 尾張一のたわけでございます。

 

(佐々と前田について)

この両名、尾張の小さき村から出て参った、

土豪の三男坊、四男坊。

すなわち、家を継げぬ食いはぐれ者にござります。

されど、戦となれば無類の働きをいたし、

一騎当千の強者でござります。

食いはぐれ者は失うものがござりませぬ。

戦うて家を作り、国を作り、新しき世を作る。

その気構えだけで戦いまする。

 

父・信秀はよう申しておりました。

織田家はさしたる家柄ではない。

もとは越前の片田舎で神主をやっていたとか。

斯波家の家来であったとか。

それか、尾張に出てきてのし上がった成り上がり者じゃと。

よろず、己で新たに作る他ない。

それをやった男が美濃にもおる。

そういう男は手ごわいぞと。

家柄も血筋もない。 鉄砲は百姓でも打てる。

その鉄砲は金で買える。

これからは戦も世の中もどんどん変わりましょう。

われらも変わらねば。 そう思われませぬか?

 

斎藤利政(本木雅弘)

 

寺へ行くぞ。 あの男の正体が見えぬ。

奇妙な婿殿じゃ。

 

気慣れぬ装束は身につかぬものじゃ。

 

なるほどな。 帰蝶はわしを見て育った。

わしと同じと思うておるのであろうな。

 

信長殿。

信長殿はたわけじゃな。

見事なたわけじゃ。

 

斎藤高政(伊藤英明)

 

土岐様が追い払われ、

美濃には守護がいなくなった。

誰がこの国を守る。

一度会うただけの、

海の者とも山の者とも判らぬ男のために兵を出す。

それがこの国の主だ。

この国は潰れるぞ。

 

太原雪斎(伊吹吾郎)

 

織田信秀は消えたが、

跡継ぎの信長は油断がならぬ。

うつけ者と噂されたが、美濃の蝮が娘を与えた。

あれを滅ぼしておかねば、

駿河の者は枕を高うして眠れん。

 

藤吉郎(佐々木蔵之介)

 

どこへ行っても、ああいう輩がいるんだ。

場所代を払えだの、手間賃を納めろだの。

人が働いた上前を撥ねて、 のうのうと暮らしてやがる。

わしはな、ああいう奴を許さん。

いつかきっと懲らしめてやる。

字を読めるようになって、出世して、

このかたきを取ってやる。必ず。

 

基本情報

 

放送日:2020年4月19日

脚本:池端俊策

視聴率:15.4%