雑記惑星あんのん

メインはSFと歴史とドラマ。気まぐれな雑記ブログです。

雑記惑星あんのん

【麒麟がくる】第13話の感想。帰蝶のはかりごと(名言&セリフ付き)

f:id:sakura_9_go:20200505013127j:plain

 

【麒麟がくる】第13話では、

信長が義理の父・斎藤利政に会うことになりました。

 

寺の名前が「聖徳」でしたが、

「正徳」とまったく読みは同じなので、

表記はどちらでもいいんでしょうね。

 

歴史に名高い会見を、帰蝶がお膳立てしたとは驚きましたが、

信長は全部お見通しの上で、自由にやらせたのかも知れません。

 

www.nhk.or.jp

 

 

 

【あらすじ】当主となった信長が義父・利政と会うことに

 

美濃守護の土岐頼芸(尾美としのり)に暗殺を仕掛けられ、

斎藤利政(本木雅弘)は「一戦交える」と怒ります。

 

土岐氏の支流にあたる光秀(長谷川博己)は、利政が嫌いでしたが、

亡父や叔父の光安(西村まさ彦)が恩を受けた主君なので、

裏切ることはできないと思いました。

 

また自分にとっても、見聞を広めることを見守ってくれた人物なので、

頼芸との戦を涙ながらに反対します。

 

しかし利政は、頼芸と本気で戦うつもりはなかったのです。

 

美濃の国衆たちの士気を高めるために、

ひと芝居打ったと光秀に語りました。

 

光秀は驚きましたが、

利政は「これからは鉄砲の時代じゃ」と言って、

光秀を鉄砲組の指南役に任命しました。

 

その頃、尾張の織田信長(染谷将太)は、

亡き父・信秀の跡を継いでいました。

 

信長は同族の敵、

織田彦五郎の調略を平手政秀(上杉祥三)に任せましたが、

政秀は失敗してしまい、責任をとって自害してしまったのです。

 

織田彦五郎はしたたかな人物で、

かつてよしみのあった利政のもとに使者を寄越しました。

 

使者と会見した利政は、

信長の様子次第で尾張を併呑しようと考えます。

 

そこで娘婿の信長がどんな男なのか確かめようと思いました。

 

父の意図を察した帰蝶(川口春奈)は、会見を無事に終わらせるため、

旅芸人の伊呂波太夫(尾野真千子)に頼みごとをします。

 

伊呂波太夫は不思議な人物で、

戦の兵を調達することができたからです。

 

そんななか、東庵(堺正章)と駿河を目指す駒(門脇麦)は、

途中の街道で、藤吉郎(佐々木蔵之介)という男に出会いました。

 

登場人物はこちら

 

www.nhk.or.jp

 

【感想】主人公なのに光秀の存在感が希薄

 

【麒麟がくる】の主人公は明智光秀ですが、

戦国時代を扱う群像劇として描かれているので、

いろんな人物がスター級の活躍をします。

 

前回もそうでしたが、今回も帰蝶の活躍が光りました。

 

彼女が必死になったのは、 信長と相思相愛だからというのもありますが、

前夫・土岐頼純が利政によって暗殺されたので、

同じ辛さを味わいたくなかったんですよ。

 

伊呂波太夫を説得する時に、大量の砂金を使っていましたが、

織田家の経済力は、相当のものだったんでしょうね。

 

聖徳寺の会見が帰蝶プロデュースという、斬新な脚本には驚きましたが、

利政と高政の激しい親子対決があったので、

その対比という意味合いもあったと思います。

 

あと土岐頼芸は本当に気の毒でした。

大好きな鷹を利政に成敗されてしまったんですが、

利政への刺客として使ったからなんですよ。

 

自分の大事なものは悪いことに使わない。

これ、生きて行く上での鉄則です。

 

でも、利政も鷹をすぐに始末せず、

しばらく経ってから皆殺しにすることには理由があったんです。

 

いったん安心したあとに受ける心理的ダメージは、

計り知れないものがありますから。

 

鷹を皆殺しにされてパニックなった頼芸は、

お気に入りの高政のことを考える余裕もなく、

美濃を出て行ってしまいました。

 

そんなおぞましいシーンを吹き飛ばすように、

佐々木蔵之介さん演じる藤吉郎が出てきたのは良かったです。

 

龍馬伝の岩崎弥太郎を彷彿とさせるイメージで、

勉強家で快活なところがステキだと思いました。

 

たまにはイケメンでカッコいい秀吉もいいですよね!

 

ただ、光秀の影の薄さと、

コロナによる撮影延期の影響が心配です。

 

【セリフ】光秀は利政が嫌いではない?

 

明智十兵衛光秀(長谷川博己)

 

今日は鉄砲の話で参ったのではありませぬ。

しかし、そう申し上げねば、

こうしてお目にかかれぬゆえ、嘘を申し上げました。

殿は土岐頼芸様と一戦を交えると仰せになりました。

頼芸様は美濃の守護。

源氏の血を引く国の柱と、みな敬うて参りました。

そのお方と戦えと命じられて、喜ぶ者はわずかでございます。

私も、大いに迷うて困り果てております。

土岐様に味方し、殿と一戦交えるべきかどうかを。

戦いたくはございません。

私の叔父・光安は紛れもなく殿の味方ゆえ。

私は叔父と戦うことにもなりましょう。

思うだに恐ろしき戦となります。

私だけではない。

多くのなじみの国衆が敵と味方に別れ、殺し合うのです。

どちらが勝っても恨みは残り、美濃は決してひとつにはなりませぬ。

 

どちらかと申せば、嫌いでございます。

なれど、殿には御恩があります。

堺や京で見聞を広めたいとお願いした折、

鉄砲を学びたいとお願いした折、

必ずお分かりいただき、お許しを得ました。

また亡き父や叔父上など、明智の者を重用していただき、

その御恩は終生忘れられる者ではござりませぬ。

それゆえ、殿には弓引けませぬ。

 

織田信長(染谷将太)

 

身内ほど当てにならぬものはない。

平手の爺は、それを身に染みて感じたと申しておった。

腹切って誠意を見せれば、心開くという連中ではない。

平手は早まった。

 

いまのわしは四面楚歌じゃ。

父上も死に、家老も死に、東には今川の軍勢。

国の中もみな敵だらけぞ。

それとも、これ以上面倒は見切れぬと、そう思われておるのか?

溺れ行く者に手を貸す暇はないと。

 

「美濃の蝮」と恐れられているお方じゃ。

対面と称し、わしを誘き出して殺してしまえば、

労せずして、尾張のこの辺りを手に入れることができる。

会いには行かぬ。そう伝えてくれ。

 

斎藤利政(本木雅弘)

 

戦はせぬ。はじめから戦をするつもりなどない。

戦はせぬが、この国は出て行ってもらう。

 

尾張ではついに織田信秀が死におった。

これから何が起きるかわかったものではない。

美濃の守護などという、 役にも立たぬお守り札はさっさと捨てて、

自らの足で歩かねば、 この先、生き抜くことはできぬ。

美濃の国衆にはその覚悟が足りん。

それゆえ、一戦交えると喝を入れたまでじゃ。

 

(高政に対して)

言葉は刃物ぞ。気を付けて使え。

 

異なことを申す。 真の父はここにおるではないか。

そなたの父は、わしじゃ。

油売りから身を興した成り上がりの子で、

蝮と陰口を叩かれる下賤な男が、そなたの父じゃ!

 

人の心はわからぬものじゃ。

わしが信長ならこう思う。

美濃の蝮と顔を突き合わせるか。

ともに茶を飲む時、その茶に毒が入っているやも知れぬと。

大事な娘の婿殿に、誰が左様な悪さをするものか。

さりながら今の信長は、まことに危ういところに立っておる。

 

斎藤高政(伊藤英明)

 

(利政に対して)

申し訳ござりませぬ。

置き去りにされた忠義者ゆえ、正気を失うておりまする。

 

真の父上を失うたのじゃ!

この高政にはもはや父上がおらんのじゃ!

その口惜しさがお分かりになるまい!

わしの身体には土岐家の血が流れておるのじゃ!

 

藤吉郎(佐々木蔵之介)

 

これ、なんと書いてあるのだ。

わし、字が読めんので、 これを読んで覚えようと、

寺の坊様にいただいたのだ。

字が読めんと出世できんと言われてな。

難儀な話じゃ。ははははは!

 

初めて矢を習う者は、 矢を二本も持つなというのじゃな。

その次はなんだ。 なるほど。

二本目の矢があると思うと、

はじめの矢を疎かにしてしまうと、嗜めておるのか。

いやあ、助かった。そういうことか。

いや、書物というのは偉いものだ。

 

伊呂波太夫(尾野真千子)

 

急ぎは高うつきます。

兵も形ばかりの弱き兵と、数少のうても強き兵がございます。

 

帰蝶(川口春奈)

 

(信長に対して)

断れば臆したと見られ、和睦の儀は消え失せまするぞ。

私は美濃に戻らねばなりませぬが、よろしゅうございますか?

 

その伊呂波太夫は、紀伊の根来衆やあちこちの国衆と縁が深いゆえ、

義父上様は兵が足りぬ時、その太夫に兵を集めさせたと。

根来の雇い兵には鉄砲を使う者も、いるやに聞きまする。

まことでござりましょうか?

 

父上は古き物より、新しき物を好みまする。

また、美しき物も好みまする。

そのすべてをお見せすれば、お喜びになるかと。

できることはすべてやり、あとはその場の勝負。

これは父上と私の戦じゃ。 

 

基本情報

 

放送日:2020年4月12日

脚本:池端俊策

視聴率:15.7%