雑記惑星あんのん

メインはSFと歴史とドラマ。気まぐれな雑記ブログです。

雑記惑星あんのん

【麒麟がくる】第12話の感想。十兵衛の嫁(名言&セリフ付き)

f:id:sakura_9_go:20200505013127j:plain

 

【麒麟がくる】第12話では、光秀が妻を迎えました。

 

お相手となる煕子(ひろこ)は、

光秀の幼い頃からの知り合いで、 結婚の約束をしていた女性だったのです。

 

煕子は光秀の「初恋の人」だったのでしょうか?

でも、よくわからないんですよね。

 

史実と違う雰囲気にするにしても、

煕子と急に結婚した感じが否めなかったので、

かなりモヤモヤが残りました。

 

www.nhk.or.jp

 

 

 

【あらすじ】光秀の嫁取りと信長の苦悩

 

近江から戻った光秀(長谷川博己)は、

将軍・義輝(向井理)の国を憂う言葉が頭から離れず、

日々、悶々としていました。

 

光秀を心配した光安(西村まさ彦)と牧(石川さゆり)は、

妻木の地に鷹狩りに行くことを提案します。

 

鷹狩りで明智左馬助(間宮祥太朗)らとはぐれた光秀は、

妻木で煕子(木村文乃)と再会し、

幼き日に交わした約束を果たすことにしました。

 

それは煕子を妻にすることでした。

 

尾張の織田信秀(高橋克典)の病状は、

深刻なものとなっていました。

 

信秀は自分に万が一の時があったことを考えて、

次男・信勝(木村了)に重臣をつけ、末森城を譲るといいます。

 

それを聞いた信長(染谷将太)はそれに怒り狂い、

正室の帰蝶(川口春奈)に、本音をぶちまけて号泣しました。

 

帰蝶は信秀のもとに行き、義父の本心を聞き出そうとします。

 

光秀が煕子との祝言を終えた頃、

稲葉山ではある事件が起こっていました。

 

登場人物はこちら

 

www.nhk.or.jp

 

【感想】光秀の結婚があっさりな理由は・・・

 

タイトルの割には光秀の祝言があっさりだったので、

「十兵衛の嫁」の話じゃないと思いましたよ。

 

駒がメインヒロインなので、

煕子の存在感が希薄になってしまったんですね。

 

本当に煕子のファンはお気の毒です。

何故なら光秀の結婚には、とてもいい話があるからです。

 

煕子は美濃の土豪・妻木範煕の娘として生まれました。

 

縁談が無事にまとまり、光秀に嫁ぐことが決まったんですが、

不幸にも輿入れ直前に疱瘡にかかってしまい、

顔にあばたが残ってしまいました。

 

困った範煕は、代わりに妹を嫁がせようとしたんですが、

光秀は「結婚の約束をしたのは煕子殿」と言って、

顔のことは気にせず、そのまま正室に迎えたといいます。

 

これ、めっちゃいいエピソードじゃないですか。

 

かやまゆみさんのコミック「時をかけた少女たち」でも、

感動的に紹介されています。

 

bookmeter.com

 

なのに【麒麟がくる】ではスルーされてしまいました。

 

駒が叩かれるのは、

光秀と煕子のエピソードがよく知られていることと、

駒本人に、それを上回る魅力が感じられないからです。

 

私は駒が嫌いではありませんが、

彼女の話し方は現代の女子高生みたいで、ドラマに合わないと思うんですよね。

 

また馴染みの旅芸人の一座でバック転を披露していたので、

駒はたぶんメアリースーなんでしょう。

 

dic.nicovideo.jp

 

ちなみに、メアリースーというのは、

「痛い最強オリキャラ」のことなんですよ。

 

【麒麟がくる】は駒ではなく、

帰蝶をメインヒロインにしたほうがいいでしょう。

 

打ちひしがれる信長を救った活躍がお見事でしたし、

「濃姫」という別称で、多くの人に知られていますから。

 

あと鷹を使った暗殺はいただけなかったです。

 

大好きなペットを悪事に使うなんて、

土岐頼芸のメンタルが心配になってしまいました。

 

とはいえ、ネットでは伊右衛門VS綾鷹で、

めっちゃ話題になってたのが面白かったです。

 

www.msn.com

 

織田信秀の臨終は「あしたのジョー」のオマージュでしょうか。

 

高橋克典さんの演技が実に素晴らしかったので、

信秀がリタイヤするのは寂しいですね。

 

信秀のおかげで筋金入りの織田嫌いから、

織田家が大好きになった私でした。

 

今後は信長の活躍に注目して行きます。

 

【セリフ】義父の遺言を盛った帰蝶がスゴい

 

明智十兵衛光秀(長谷川博己)

 

煕子殿、この十兵衛の嫁になりませぬか?

ともに幼い頃・・・

「大きくなったらお嫁においで」と私は申した。

煕子殿もそのことを覚えておられた。

私も覚えていました。

今日ここへ、みなとはぐれるべくして、

はぐれてきたような気がします。

返答は急がぬゆえ、お考えいただきたい。

 

織田信長(染谷将太)

 

父上はこの城を信勝に与えるそうじゃ。

家老の佐久間盛重もお気に入りの柴田勝家もみな、信勝につけるという。

大事なものはすべて信勝のものじゃ。

これは母上の企みぞ。

 

斎藤利政(本木雅弘)

 

見よ!鷹の爪に塗られた毒が、

わしの身代わりとなったこの若者の血を凍らせてしもうた。

誰の仕業と思う?

鷹はあの鷺山から贈られてきた。

この国の守護であり、わしが神仏のごとく敬うてきた、

土岐頼芸様から贈られてきたのじゃ。

まことに恐ろしき話じゃ。

何ゆえわしが殺されなければならんのじゃ。

わしはこの美濃のために、命をかけて働いてきたのじゃ。

わしは許さぬ。

わしの家臣に手をかけた土岐様を、もはや守護とは思わぬ。

ただの鷹好きのたわけじゃ!

さような者をこの美濃に、遊ばせておくわけには行かん。

土岐様と一戦交えるまでじゃ。

 

明智光安(西村まさ彦)

 

(光秀の母・牧に対して)

やはりこういう時、十兵衛に嫁がおらぬというのは、

何かと不都合でございますな。

母親に申せぬことも、嫁には漏らすということもございまする。

案外、そういうことが大事でござってな。

 

織田信秀(高橋克典)

 

(信長に対して)

黙れ!清須には尾張の守護・斯波様がおわすのじゃ。

それにいちばん近い那古屋城こそ、わが家の要ぞ!

 

そなたに家督を譲ろうと思うたゆえ、

大事な城を譲ったのじゃ。

 

帰蝶、信長をよろしゅう頼む・・・

 

帰蝶(川口春奈)

 

それは奇妙でございますね。

父上様は家督を、信長様にお譲りになるおつもりでございましょう?

ならば大事なものは殿にお与えなさるべきじゃ。

 

あの剛毅な父上様が、母上様にさほどに甘いとは・・・

 

大殿、義父上様。帰蝶にござります。

かような折、畏れ多く身の縮む思いがいたしますが、

なんとしてもお伺いしたい儀があり、参りました。 お許しください。

父上様の胸のうちをお聞かせ願いたいのです。

この織田家を継ぐのは、 どちらの子が相応しいとお思いでしょうか。

信長様と信勝様のどちらでございますか?

お教えください。

お教えくだされば、東庵先生を京から呼んで差し上げます。

誰よりも早くお呼びいたします。

ですから、どうか・・・ お願いでございます。

私は尾張に命を預けに参った女子でございます。

預けるお方がいかなるお方か、 なんとしても知りとうございます。

父上様にとって、信長様がどれほどのお方か、

お教え願いとうございます。

 

(信長に対して)

義父上様はこう仰せられました。

信長はわしの若い頃に瓜二つじゃ。

まるで己を見ているようじゃと。

良いところも悪いところも。

それゆえ可愛いと。そう伝えよと。

最後にこう仰せられました。

尾張を任せる。強くなれと。

 

私の嫁入りを喜んでくれた母上は、

去年、お隠れになってしもうた。

動かぬようで、時は流れておるのじゃな。

 

基本情報

 

放送日:2020年4月5日

脚本:池端俊策

視聴率:14.6%