雑記惑星あんのん

ネット宇宙の片隅にある不思議な雑記ブログ。

【半沢直樹2013年版】第9話。半沢は伊勢島ホテルを救済!ラスボス大和田とのバトルへ

f:id:sakura_9_go:20200707172357j:plain

 

半沢直樹(2013年版)の第9話では、

半沢直樹らの活躍で、ついに金融庁とのバトルに決着がつきました。

 

これで東京中央銀行と伊勢島ホテルは、

破綻の危機を回避することができたんですが、

半沢直樹の前には巨悪が立ちはだかるのでした。

 

www.tbs.co.jp

 

www.youtube.com

 

 

【あらすじ】見えてきた闇の正体

 

近藤(滝藤賢一)はタミヤ電機の粉飾について調べていたが、

社長の田宮(前川泰之)が東京中央銀行から3000万もの融資を受け、

ラフィットという会社に横流ししていることを知ります。

 

そのラフィットの代表は棚橋貴子(相築あきこ)という人物でしたが、

なんと彼女は大和田(香川照之)の妻だったのです。

 

半沢直樹(堺雅人)は宿敵の大和田を追い詰めるため、

田宮から証言を得るよう近藤に頼みました。

 

金融庁検査は2日後に、

最終聞き取りを行うことになっていました。

 

半沢直樹は思ってもみない策を考え、

伊勢島ホテルの社長・湯浅(駿河太郎)の説得にかかります。

 

すべてがうまく行くかどうかは、

湯浅の決断ひとつにかかっているのでした。

 

登場人物(相関図)はこちら

 

 

【感想】会社が生き残るためには現実的な策で

 

半沢直樹が考えた秘策は突拍子ないものだと思っていましたが、

買収案の受け入れるという、きわめて現実的なものでした。

 

伊勢島ホテルはいつ破綻するかわからない状況なので、

大手外資系の傘下に入るのは最良の選択なんです。

 

買収というと、何かと悪いイメージで語られがちですが、

M&Aを受け入れることによって、

会社の未来と従業員たちを守れるんだったら、それでいいと思いますよ。

 

余談ですが、私の主人が勤める会社も、

数年前に経営危機にさらされ、

社員のほとんどが解雇されそうになったんですが、

西日本にある大手運輸会社の買収によって救われました。

 

私がこうしてブログを書き、

日々、穏やかな生活を送っていられるのも、

その大きな会社が買収を実行してくれたおかげなんです。

 

先日、岡山にある本社からは、

「コロナ禍を仲間と一緒に乗り切ろう」ということで、

お米やお水などの支援物資もいただきました。

 

主人の勤め先の場合は、

買収した企業が良心的なところだったので、結果オーライでしたが、

伊勢島ホテルを買収したフォスターも、

アフターケアをきちんとしてくれるといいですね。

 

大和田は本当にどうしようもない男ですね。

 

彼は上に立つ人物なんですから、

もっと先を見通す目を持って、

部下にも寛容にならなければいけないのに、

私利私欲にまみれたただの卑劣漢です。

 

嘘の呼び出しで近藤を懐柔しましたが、

タミヤ電機のためにあれだけ頑張っていた近藤が、

最後の最後に寝返ってしまうのは悲しいです。

 

あれが実は半沢直樹の策で、

「寝返ったフリをしている」のなら、

嬉しいんですが・・・

 

なんとか新シリーズ放送までに間に合いそうなので、

夜9時までには、2013年版最終回の感想も書きたいと思います。

 

【セリフ】渡真利と近藤のカッコ良さに拍手

 

半沢直樹(堺雅人)

 

あなたの立場になって、徹底的に考えました。

何ができるか、どうすべきか。

そしてたどり着いたたった一つの答えがこれです。

実はかねてよりフォスターは、

日本進出の足掛かりとして、

買収合併できる企業を探していたんです。

向こうにとっても今回の提案は渡りに船だ。

決して悪い話ではない。

いま私の同期が五分五分の条件で合併できるよう、

全力でフォスターと交渉しています。

資本受け入れの条件として、

あなたの続投も必ず認めさせるつもりです。

傘下に入れば、米国最大手のホテルチェーンが持つ、

グローバルな予約システムが使用可能になる。

人材もノウハウもすべて手に入れることができます。

今の窮地を乗り切るだけでなく、

伊勢島ホテルが将来、一層飛躍するためにベストな選択だと、

私はそう確信しています。

 

もちろん相手は怪物フォスターです。

完全に飲み込まれてしまう可能性だってあるでしょう。

ですが、湯浅社長。

あなたなら生き残れる。

伊勢島ホテルの名前を守ることができる。

私は銀行員としてそう判断しました。

 

湯浅社長はあなたにはないものを持っています。

誠実さです。

ホテルという接客業をする上で、

それは何よりも大切なものだと思います。

 

おやめください!

そのネジは、あなたに拾ってほしくはありません。

お分かりになりませんか?

そうでしょうね。あなたはそういうお方です。

ですが、いずれ嫌でも、

分かっていただくことになる。

 

大和田常務。

あなたにとって私は、たかがトカゲの尻尾かもしれません。

ですが、切られた尻尾はしばらく暴れ回ります。

どんな動きをするか分かりませんよ。

お気をつけください。

 

先ほどご指摘のあった、

ナルセンでの問題はすでに解消されております。

伊勢島ホテルはアメリカ最大のホテルチェーン、

フォスターの傘下に入ります!

今、湯浅社長から快諾の返答をいただきました。

これがその証拠です!

湯浅社長はただのワンマンではありませんよ。

伊勢島ホテルの将来を見通すことのできるクレバーな経営者です。

今回の条件では、湯浅社長にはそのまま続投していただき、

同時に株の運用失敗で

損失を出した羽根専務を更迭いたします。

フォスターの資本受け入れによる初回増資額は200億円。

さらに業務提携により伊勢島ホテルは

フォスターの予約システムに相乗りいたします。

 

宴会で使う小道具ですが。それが何か?

黒崎さん、あなた何がしたいんですか?

検査の邪魔になると思ってここにしまっておいたのですが。

金融庁は、宴会道具まで検査対象にするつもりですか?

 

渡真利忍(及川光博)

 

半沢。フォスターは俺がすべて引き受ける。

心配するな。

俺はもともと海外を相手にした、

こういうでかい仕事がやりたくて、

銀行員になったんだ。

今やっとその夢が叶う。

親友のお前のためだ。なんでもやりますよ。

 

バブル時代にやりたい放題やった、

上の人間の尻ぬぐいをするために、

俺たちは銀行員になったわけじゃない

こんなところで追い出されてみろ。

俺たちはずっと報われないままじゃないか。

やってやろうぜ。

今こそバブル最後の入行組の意地を、

見せてやろうじゃない。

 

なるほどね。

はじめからあることさえ知らない部屋じゃ、

黒崎たちも調べようがないもんな。

 

近藤直弼(滝藤賢一)

 

だからイエスマンになったのか?

確かにノーに比べたらイエスと言うほうが何倍も簡単だ。

でもな、俺達サラリーマンがイエスとしか言わなくなったら、

仕事はただの作業になっちまう。

作業だけならロボットでもできる。

でも、俺達はロボットになっちゃダメなんだ。

俺は同期のヤツからそう教えられた。

 

生憎、人のことを、

笑っていられる状況じゃありません。

社長、最後にひとつだけ。

力を合わせて3000万回収しませんか?

簡単です。

今までのこと全部話してくれたら、それでいい。

私が報告書にして、

あなたに署名捺印をいただき、銀行に提出します。

大和田を更迭する切り札になります。

そうなれば事情は明らかになり、

3000万は何らかの形で返済されるでしょう。

 

決まってるじゃないですか。

この会社のためです。

 

湯浅威(駿河太郎)

 

100年以上続いたこのホテルの命運を、

たった1日ちょっとで決めなければならないのか。

 

羽根夏子(倍賞美津子)

 

誠実さ?そんなもので、

このホテルが100年もやってこれたと思ってるの?

これまで先代のワンマンのせいで起きたいろんな問題、

聞かせてあげましょうか。

この時計、1日に1回ゼンマイを抜いてあげないと、

すぐに止まってしまう。

私が入社して、先代から任された最初の仕事。

それ以来、私は1日も欠かさず、

このゼンマイを巻き続けてきた。

伊勢島ホテルを動かしてきたのは、この私です。

昨日今日、担当になった銀行員に、

とやかく言われる筋合いはございません。

 

内藤寛(吉田鋼太郎)

 

そんなものはどこにもありはしない。

黒崎さん、これが現実ですよ。

これでもまだありもしない幻想を言い張るつもりですか?

東京中央銀行としては、

名誉毀損で金融庁に報告いたしますよ。よろしいですね?

 

野田英幸(利重剛)

 

俺は柱に打ちつけられた釘だよ。

ぶら下がるカレンダーは毎年新しくなるのに、

俺はずっとさびて捨てられるまで動けないままだ。

そういう人生があんたに想像できるか?

社長にとって俺はその程度の価値しかないんだよ!

会社を良くしようと何か言ったところで、

聞き入れられることなんか一度もなかった。

 

黒崎駿一(片岡愛之助)

 

たとえ貸金庫であろうと、

場所さえわかれば、

何らかの理由をつけて開示請求できるのよ。

何がなんでも今日中に見つけなさい!

いいわね?

 

もう結構!

この前と全然変わってないじゃないの。

その場しのぎとしか思えないわよね。率直に言って。

こんな再建計画が実現するとは思えないわ。

伊勢島が過去の経営計画を、

どの程度達成してきたかを見ても明らかじゃないの?

湯浅社長が身を引いて経営方針を一新でもしないかぎり、

伊勢島ホテルの実破への分類は至極当然でしょ。

反論できるもんならしてみなさいよ。

 

あら、こんなところに変なものがあるわよ。

さあ、この箱の中身は何かしら?

中身は何かって聞いてるのよ!

答えられないでしょ。

なら、私が代わりに答えてあげる。

この箱の中身は、

伊勢島ホテルに関する隠匿資料でしょ!

 

この借りは死ぬまで忘れないわよ!

 

大和田暁(香川照之)

 

黙りなさい!

そんなことは頭取も十分承知していることだよ。

その上で半沢次長を指名したのには

頭取なりの深いお考えがあってのことだ。

もちろんダメだった時には

全ての責任を取ると。

そういうお覚悟がおありなんですよね?

 

残念だな。

いずれという話ができるほど、

君との時間は残っていないかもしれないね。

金融庁検査で結果が出せなければ、

そうなって当然だろう。

 

私は君を本行に戻すと言ってるんだよ。

どこがいいかね?

本店・支店・融資部・審査部。

確か入行当時の君は、

広報部を希望していたんだったね。

なんならその方向で調整してみようじゃないか。

 

近藤くん、今ここで返事がほしい。

もう一度なってみないかね?銀行員に。

 

中野渡謙(北大路欣也)

 

遠慮はいらん。

言いたいことは言え。

今は私の顔色を伺っている場合ではない。

 

どうやら黒崎検査官には何らかの誤解があったようだ。

まあ、しかし、そういうことはよくあることだ。

今回のことはなかったことにいたしましょう。

それでよろしいですね?