雑記惑星あんのん

メインはSFと歴史とドラマ。気まぐれな雑記ブログです。

雑記惑星あんのん

読者さんのブログを読んで心が救われた話

f:id:sakura_9_go:20200618114422j:plain

 

私の人生は実に平凡でいいことも悪いこともなく、

同じような毎日をずっと繰り返しているのですが、

昨日だけは珍しく、非常に嫌な出来事がありました。

 

買い物に出かけた主人の帰りが遅く、

電話を何度もかけてもまったくつながらないので、

私は仕事に間に合わないのではないかと、心配になりました。

 

(主人は夜勤族でいつも夜9時前後に家を出るのです)

 

すると娘が何を思ったのか、

帰って来た主人に対して「お父さんは風俗で遊んだんだよ!」と、

とんでもない暴言を吐いたのです。

 

主人はもう70過ぎの御老体ですし、

市からの給付金だって、月々の支払いでほとんど残っていないので、

絶対にそんなことはないと思ったんですが、

娘はずっと疑い続けて、とうとう私と大ゲンカになってしまいました。

 

「家中安穏」を第一と考える私は、

主人を疑われたショックでほとんど眠れず、

午前5時ごろまで信長の野望をプレイしていました。

 

それでも少しうとうとして目を覚ますと、

主人が帰って来ていて、いつもとまったく変わりない様子でした。

 

娘の暴言のせいでまだモヤモヤしていたので、

主人に話を聞くと「そんな所には行くわけがない」と言い、

やはり彼はシロだったとわかりました。

 

とはいえ、私の気分はなかなか上がりませんでした。

 

そんな時、このブログの読者さんであるBINGO616さんの記事を読み、

そこに出てきた名言に元気をいただきました。

 

www.bingo616.com

 

何度も何度も傷つけられたら、 相手を紙やすりだと思えばいい。

多少、擦り傷は受けれど、 自分はピカピカになり、

相手は使い物にならなくなる。

 

この名言は本当に目から鱗でしたね。

 

娘は昨年、付き合っていた男性に二股をかけられ、

さらに風俗で遊ばれたこともあったので、

そのショックでうつ病を発症し、極度の男性不信に陥っています。

 

だから自分の父親ですら信じられなくなっているんですが、

私は彼女にBINGO616さんが見つけた名言を教えたくなりました。

 

もともとその男性は、

某芸能人のようにゲスな人間だったと思うんですが、

きっと紙やすりのようにペラペラになっていて、

たぶん他の女性にも相手にされなくなっているでしょうね。

 

まあ、娘のトラウマは彼女本人が解決しないといけないので、

私はひたすら見守るしかないのですが、

ひとつだけ言えることは、過ぎたことにいつまでも固執するのは、

不幸にしかならないということです。

 

経営の神様の松下幸之助さんも言っていますよね。

 

どんなに悔いても過去は変わらない。

どれほど心配したところで、未来もどうなるものでもない。

いま、現在に最善を尽くすことである。

 

それにしても以前の私だったら、

泣いて騒いでモノに八つ当たりするか、どこかにプチ家出するところでしたが、

最小限の被害で食い止められたのは、ひとえにブログのおかげだと思います。

 

ブログは自分の考えを整理するにも最適ですし、

とくにはてなは読んでくれた方のリアクションがわかるので、

モチベーションアップにもつながります。

 

とはいえアクセスが少ないと、

「ブログを続ける意味があるんだろうか」と悩んでしまいますが、

ブログの本質はPVや広告収入などの数ではないと断言します。

 

その昔、ネット黎明期の頃は、

ごく普通の日記が山のようにあるばかりで、

「役立つ記事を書け」だの「SEOを意識しろ」というブログ論は、

ほとんど存在しませんでした。

 

そもそも「ブログで稼ぐ」というスタイルが出てきたのは、

グーグルアドセンスの登場とイケダハヤトさんの活躍からはじまったわけで、

もしそれらがなかったら、

ブログは今も「だだのウェブ日記」だったかも知れません。

 

このはてなブログのキャッチコピーは、

『書き残そう。あなたの人生の物語』です。

 

ブログというのは本来、自分の思いを書き記すツールですから、

好きなことを好きなように書くという、自然なスタイルでいいんですよ。

 

文章が上手さなんて関係ありません。

文字数も長くたっていいじゃないですか。

くだらない話だってぜんぜんOKです。

 

それが少しでも他の人の心に刺さり、

元気がもらえたとか、おかげでモヤモヤがすっきりしたとなれば、

これほど素晴らしいことはないじゃないですか。

 

私もBINGO616さんの記事のおかげで気分が上がりました。

 

もしずっと陸の孤島のワードプレスにいたら、

彼のブログに出会うことはなかったと思うので、

はてなに戻ってきて大正解だったと思っています。

 

ブログとは本当に良いものですね。

いつも訪問してくださるみなさんには、心から感謝しています。