雑記惑星あんのん

メインはSFと歴史とドラマ。気まぐれな雑記ブログです。

雑記惑星あんのん

【99.9刑事専門弁護士】第5話の感想(名言&セリフ付き)

f:id:sakura_9_go:20200610161626j:plain

 

【99.9刑事専門弁護士】の第5話(再放送)では、

傷害事件の弁護を依頼した男性が、

拘置所で倒れて意識不明になるという、前代未聞の事態が起きました。

 

佐田が家族旅行で不在になるため、

深山と立花が事件の調査に当たったんですが、

裏には複雑な事実が潜んでいたのです。

 

www.tbs.co.jp

 

 

 

【あらすじ】傷害事件の被害者が殺人犯?

 

とある会社の敷地内で2人の男性が殴り合いをしていました。

 

それは谷繁直樹(千葉雄大)と三枝尚彦(平田満)だったんですが、

直樹は三枝に対して「お前が殺したんだ!」と激昂していたのです。

 

直樹の弁護を担当することになった深山(松本潤)は、

立花(榮倉奈々)とともに接見に向かいますが、

直樹は「あいつが殺したんだ・・・」とつぶやいて、

そのまま床に倒れこんでしまいました。

 

依頼人から話を聞くことができなくなった深山たちは、

三枝本人並びに、直樹の関係者を当たることにします。

 

三枝は直樹とは初対面で、いきなり襲われたと語り、

「誰かと勘違いしているのではないか」と言いました。

 

最初はただの傷害事件かと思われた案件でしたが、

調査を進めるうちに思わぬことが明るみになりました。

 

直樹の父で朱蓮フーズの社長・谷繁明利(緋田康人)が、

18年前に自殺していることがわかったのです。

 

しかし当時のことを知る関係者の証言では、

その日の谷繁社長は家族のためにバースデーケーキを買っており、

自殺したといわれる屋上の灰皿には、

誰かが吸ったばかりのタバコがあったのでした。

 

深山がその事件を担当した刑事に話を聞くと、

タバコに付着していた唾液のDNAから、三枝のものだとわかりました。

 

深山は三枝が谷繁社長を殺害したと確信しますが、

三枝は「私を逮捕することなど誰にもできない」と不敵に笑いました。

 

その言葉に違和感を覚えた深山は、

谷繁社長が亡くなったのと同じ日に、

資産家令嬢殺人事件が起きていることに注目します。

 

まったく関係ないと思われた事件は1本の線でつながりました。

 

しかも当時、資産家令嬢殺人事件を担当していた検事は、

深山の上司である佐田(香川照之)だったのです。

 

 

【感想】事件は検察の描いたストーリー通りになる?

 

人違いによるただの傷害事件かと思いきや、

まさか2つの殺人事件が絡んでいるとは思いませんでしたね。

 

傷害事件の被害者である三枝は、理白冷蔵という会社の社長なんですが、

18年前に資金繰りが悪化して、取引先に出資を頼みました。

 

それが朱蓮フーズで、

依頼人・谷繁直樹の父親(谷繁社長)が経営する会社でした。

 

谷繁社長は理白冷蔵への出資を拒否したため、

三枝に屋上から突き落とされて殺害されたんですが、

警察はなぜか殺人ではなく、自殺として処理しました。

 

実は同じ日に目黒で資産家の令嬢が殺害されたのですが、

彼女の父親が経済界の重鎮だったため、

捜査関係者は上からの圧力で、早く事件を収拾する必要があったんです。

 

三枝はどうやら資産家令嬢殺人事件にも関わっているみたいですが、

彼の口ぶりからすると、重要な証言でもしたんでしょう。

 

第1話で佐田が、

「刑事事件は検察の思い描いたストーリー通りに進む」と言いましたが、

検察にとって重要なのは、事件の裏に隠された事実よりも、

自分たちの地位のほうがずっと大事なんですね。

 

若手検事の丸川は上司の姿勢に疑問を抱いていたようでしたが、

逆らえば閑職に飛ばされる恐れがあるので、

言いたくても言えないこともあるんじゃないでしょうか。

 

今は敵と味方になっていますが、

丸川はのちのち深山たちの味方になるような気がします。

 

それにしても明石、司法試験に落ちまくりですね。

 

20年も挑み続ける姿勢はアッパレだと思いますが、

パラリーガルも悪い仕事じゃないんですから、

深山の右腕として、バリバリ活躍しましょうよ。

 

もっともずっとチャレンジし続ければ、

「難関の司法試験に挑み続ける不屈の男」として、

いつかギネスブックに載るかも知れません。

 

上手く行くかどうかは別として、

何かに挑戦し続けることは、本当に大切なことなんですよ。

 

半沢直樹の放送日は決まったけれど

 

大好きな99.9、

私は全話まるごと再放送されると思っていたんですが、

半沢直樹が7月19日にスタートすることが正式決定したので、

何話か削られることになってしまいました。

 

このドラマは1話完結式なので、

削られてもぜんぜん問題はないんですが、

ファンの気持ちとしては残念なことこの上ないですね・・・

 

1週あたり2時間の枠を取れば、

半沢直樹が始まるまでの間に全話きっちり再放送できたんですが、

局側の事情があって難しかったのかも知れません。

 

抜けてしまった放送分は、

あとでDVDを借りてきて、その時レビューしたいと思います。

 

事実がわかった時に出る深山のオヤジギャグ

 

「そんなあだ名は・・・ いや、あっだなぁ」

 

相変わらず寒いギャグですが、今日は蒸し暑かったので75点です。

 

朱蓮フーズの社内にあった独特な標語

 

寝タバコは危ない

下駄箱は屋内

 

屋上に苦情

喫煙所炎上

 

タバコは吸いたい

会社も衰退

 

朱蓮フーズの標語もなかなかグッドですね!

私はダジャレ大好き人間なので、思わず爆笑してしまいました。

 

【セリフ】被告人をクロにしようとする検察が怖い

 

深山大翔(松本潤)

 

(いとこの坂東が作ったおにぎりについて)

塩が足りないよな。

 

(佐田が家族旅行で不在になることについて)

いてもいなくても、

僕は変わりませんけどね。

 

(明石が司法試験に落ちたことについて)

年に一度の恒例行事なんで、大丈夫です。

 

佐田篤弘(香川照之)

 

(深山たちを競走馬に例えながら)

暴れ馬が暴走してなきゃいいかなと思って。

 

立花彩乃(榮倉奈々)

 

(警察組織への不満を語る元刑事に)

言っちゃうぞ、バカ野郎。

 

明石達也(片桐仁)

 

(数枚の自分の写真を眺めながら)

お前たちが一生懸命、

勉強してくれてたこと、俺がいちばんよく知ってる。

 

藤野宏樹(マギー)

 

(司法試験に落ちた明石を見て)

明石くん、おじさんが話聞くよ。

 

(いつまでも落ち込んでる明石に対して)

明石くん、その感じ長いな!

おじさん、飽きちゃった。

 

丸川貴久(青木崇高)

 

私が不起訴にしているのは、

公判になっても勝てないような案件です。

 

大友修一(奥田瑛二)

 

そういう時は自白だ。

自白こそ公正の始まりだ。

 

世の中にはなんでもかんでも、

冤罪だと騒ぎ立てる輩が多いですからな。

 

【主題歌】Daylight(嵐)

 

www.youtube.com

 

誰もが同じ悔しさで 夢の終わりを認めないように

明日はそう 違う自分と歩いてゆくから

 

痛みを抱いて優しさに変えて たとえ胸が張り裂けても

君はもう 自分知っている 歩き出せばほら見えてくる

 

ぎゅっと強く温かなその手で

時間(とき)を掴み取れ

 

消えそうな勇気を 今持ってる君へ

届けこの想いよ Zero to Goal   Zero to Goal

切なくて淡い いつかの夜走った ひとりの道は

もう風が包んでくれるから

 

時間(とき)はもう動き出している 無常に瞬間を忘れてくように

君はもう 気づき始めた 変わりゆく未来に(未来に)

 

あの時しまった記憶の欠片 心掴み惑わすなら

いつかそう ここに帰ってくる 今よりも明日を見てるから

 

もっと強くしなやかな光で ゼロを突き抜けて

 

祈るような声で 誰か待ってる君へ

迷わない翼を Zero to Goal   Zero to Goal

離れてく遠い あの日の空誓った 揺るがぬ言葉

そう きっと明日へ続くから

 

たとえ僅かな希望 それは奇跡の意味 ずっと君が望んでた夢はもう

自分さえ気づかない響き奏でて 君の中に生まれているから

 

勝ち目なんてもう全くない状況

灯りの見えぬ道路

かすか光る非常灯

希望と信じ進む航路

方向示し続ける僕のノート

 

Don't stop rolling...

 

誰か泣いてる痛み抱いてる

道がいまは開いてる

"believe in myself"

未来へ誓って 過去が未来を照らしてく

 

消えそうな勇気を 今持ってる君へ

届けこの想いよ Zero to Goal   Zero to Goal

切なくて淡い いつかの夜を超えて 今へ

確かな時間(とき)を刻んでく

 

祈るような声で 誰か待ってる君へ

迷わない翼を Zero to Goal   Zero to Goal

離れてく遠い あの日の空誓った 揺るがぬ言葉

そう きっと未来へ届くから

 

歌詞掲載について