雑記惑星あんのん

メインはSFと歴史とドラマ。気まぐれな雑記ブログです。

雑記惑星あんのん

【99.9刑事専門弁護士】第2話の感想(名言&セリフ付き)

f:id:sakura_9_go:20200610161626j:plain

 

【99.9刑事専門弁護士】の第2話(再放送)では、

正当防衛を主張する青年の弁護を、

班目法律事務所の深山たちが引き受けることになりました。

 

事件は居酒屋でのケンカから発展したものだったんですが、

深山たちの調査の結果、思わぬ事実が明らかになったのでした。

 

www.tbs.co.jp

 

 

 

【あらすじ】正当防衛なのか殺人なのか

 

ある商店街で血まみれの男が発見されました。

 

彼は山下(風間俊介)という人物で、

居酒屋で悪態をついていた木内(岡山天音)を注意した所、

逆上した木内にナイフで襲われたので、

反射的に刺してしまったというのです。

 

山下の弁護は刑事専門ルームのメンバーが担当することになり、

深山(松本潤)、佐田(香川照之)、立花(榮倉奈々)の3人は、

接見のため、山下のいる拘置所に向かいました。

 

深山は被害者の木内の傷跡と、

山下の「2回刺した」という証言に違和感を覚えました。

 

正当防衛にしては不審な点がいくつかあったからです。

 

そこで深山は立花と一緒に、

山下の生まれ故郷である静岡に出かけることにしました。

 

静岡で木内が通っていた学校の関係者に話を聞くと、

木内が過去に重大な事件を起こしていたことがわかりました。

 

しかし木内は経済界の重鎮・朝霧(国広富之)の孫だったため、

その事件は示談にされ、深山たちの調査にも圧力がかけられてしまったのです。

 

それでも深山は、事件現場近くのホームレスに聞き込みを行い、

ついに0.1%の中に隠された事実を見つけ出すのでした。

 

 

【感想】深山の事実探求と食への執念がすごい

 

事件は被害者が刺殺されたので、かなり怖かったですが、

ドラマのノリは軽快で面白かったです。

 

深山は料理好き、佐田は競馬好き、立花はプロレス好きと、

それぞれに趣味があるのもいいですね。

 

とくに深山は自分の考えを整理する時には、

必ず料理をはじめるんですが、

これがお店のような素晴らしい出来栄えなんですよ。

 

深山は外食の際も自分で作ったソースを持ち歩き、

出されたものは温かいうちに食べるという、

食に対する独特のこだわりを持っています。

 

深山の事件に対する事実探求は、

食へのこだわりとリンクしているんでしょうね。

 

婚約者を自殺に追い込まれた山下は本当に可哀想でした。

風間俊介さんは難しい役をみごとに演じましたね。

 

真犯人の身勝手さには立花だけでなく、

誰もがみな怒りますよ。

 

真面目そうな居酒屋の店長だったのに、

凶悪な裏の顔があったとは意外でした。

 

班目所長が大口クライアントの朝霧との契約を切ったのも良かったです。

 

朝霧は事件の発端となった不良青年・木内の祖父ですし、

孫の悪事を隠蔽するために暗躍していたんですから。

 

班目所長はちゃっかり朝霧のライバルと手を組んでいて、

不要となった朝霧を切るために、事件を利用したんですが、

弁護士というのは、これくらいドライのほうが、

きっといい仕事ができるんでしょうね。

 

事実がわかった時に出る深山のオヤジギャグ

 

「お金はおっかねえ。なあ、おかねさん」

 

おかねさんが誰なのか気になったので、得点は70点です。

 

【セリフ】班目所長の策士っぷりが痛快

 

深山大翔(松本潤)

 

見てください。

少し脂身が多いでしょう?

ローストビーフは本来、

油が少なくても柔らかくジューシーに仕上がるものなんです。

だからローストビーフの牛肉は、

脂身が少ないものを使うべきだ。

 

じゃあ、間に合うようにがんばって、

まだ見ぬ世界に行きましょう。

 

事実を知るために何が必要?

 

冷めたらうなぎが悲しむだけだからね。

 

僕には、僕のやり方しかできません。

 

そういうの、専門外なんで。

 

やっぱり丁寧にやることが大事だな。

 

佐田篤弘(香川照之)

 

いいか。弁護士ってのは依頼者の代理人なんだ。

 

過去は消せませんから。

 

立花彩乃(榮倉奈々)

 

あなたは2つの罪を犯し、2人に罪をなすりつけ、

自分は普通の人生を生きようとした。

自分勝手に2つの命を奪った人間に、

そんなこと許されないから。

 

藤野宏樹(マギー)

 

それはもう執念じゃない。趣味だ。

 

班目春彦(岸部一徳)

 

後ろにパスを出しても、

ボールは誰かが前に進めて行くんだ。

 

(朝霧に対して)

御社とのクライアント契約は、

打ち切ってもらって構いません。

ただし別のクライアントに圧力をかけたなら、話は別だ。

弁護士を脅すなんてもってのほかだ。

倒れる時は一緒に倒れるもの。

クライアントと弁護士の関係は諸刃の剣ですな。

 

いいの。いいの。

実はちょうどね、朝霧のライバル企業から顧問の依頼を受けてたんだ。

金額はほぼ一緒だ。いや、ちょっと多いかな。

裏があることまでは把握してなかったが、

朝霧の孫ということで、きな臭いなとは思ってたんだ。

真相までたどりついたら、こういう形になるのかなと。

まあ、そろそろ切り時だと思ってたから、

君たちには感謝だな。

ね、後ろに投げても前に進んだでしょ?

 

【主題歌】Daylight(嵐)

 

www.youtube.com

 

誰もが同じ悔しさで 夢の終わりを認めないように

明日はそう 違う自分と歩いてゆくから

 

痛みを抱いて優しさに変えて たとえ胸が張り裂けても

君はもう 自分知っている 歩き出せばほら見えてくる

 

ぎゅっと強く温かなその手で

時間(とき)を掴み取れ

 

消えそうな勇気を 今持ってる君へ

届けこの想いよ Zero to Goal   Zero to Goal

切なくて淡い いつかの夜走った ひとりの道は

もう風が包んでくれるから

 

時間(とき)はもう動き出している 無常に瞬間を忘れてくように

君はもう 気づき始めた 変わりゆく未来に(未来に)

 

あの時しまった記憶の欠片 心掴み惑わすなら

いつかそう ここに帰ってくる 今よりも明日を見てるから

 

もっと強くしなやかな光で ゼロを突き抜けて

 

祈るような声で 誰か待ってる君へ

迷わない翼を Zero to Goal   Zero to Goal

離れてく遠い あの日の空誓った 揺るがぬ言葉

そう きっと明日へ続くから

 

たとえ僅かな希望 それは奇跡の意味 ずっと君が望んでた夢はもう

自分さえ気づかない響き奏でて 君の中に生まれているから

 

勝ち目なんてもう全くない状況

灯りの見えぬ道路

かすか光る非常灯

希望と信じ進む航路

方向示し続ける僕のノート

 

Don't stop rolling...

 

誰か泣いてる痛み抱いてる

道がいまは開いてる

"believe in myself"

未来へ誓って 過去が未来を照らしてく

 

消えそうな勇気を 今持ってる君へ

届けこの想いよ Zero to Goal   Zero to Goal

切なくて淡い いつかの夜を超えて 今へ

確かな時間(とき)を刻んでく

 

祈るような声で 誰か待ってる君へ

迷わない翼を Zero to Goal   Zero to Goal

離れてく遠い あの日の空誓った 揺るがぬ言葉

そう きっと未来へ届くから

 

歌詞掲載について